八ヶ岳に小さい小屋を持って10年余り・・・その後、ML付サイトを運営し始めた事もあって、こちらの記事はさっぱりこっぱり充実しないで来てしまいました。(^^ゞ

山の家
子どもが長期休みの時になると、甲斐小泉は居住している某政令指定都市から姿をくらまし、八ケ岳南麓に消えてしまう。普段の月でも、週末に突如八ケ岳に行って「ババ孝行」をしていることになっており、みんなに言われる。「えらいわねぇ。おばあさんのところに行ってあげて。」と…しかし本当にエライのは甲斐小泉家の家計である。(エライ=山梨弁で大変、の意)

実は高校時代に今で言う山村留学の走りを経験してしまった甲斐小泉。祖母と二人で暮らして、明治生まれの祖母から「ドけち道」をしっかり叩きこまれた懐かしい土地であるが、それだけでなく、八ケ岳南麓の風景に惚れてしまった。後ろ髪を引かれる思いで、都会の生活に戻ったものの、どうしても忘れられない…そこで・・紆余曲折を経て…

…元々はバブルの終わり頃、集合住宅から一戸建てに引っ越したくて、探しまわったら甲斐小泉一家の収入で手に入るような物件が無かったことから、思いがけず八ヶ岳南麓に質素な家を建てることに…・。




★林の中の質素な家です。

 ・土地 200坪ちょい欠け      

 ・建物 80平米ちょっと

 ・チャームポイント:薪ストーブ


★お楽しみ

・観光の名所めぐり(八ヶ岳山麓には見所がいっぱいあるのです。)

・ハーブ育て

・村の図書館通い

そして…明治生まれの祖母の昔話を聞くこと。(柳原白蓮とかタゴールとか、大正天皇とか、堀辰雄とか、随分いろいろな人を間近に見ている人デス。)


★困ったこと

・二重生活なのでお金がかかる(だから、ますますドけちに!)

・周囲が森なので、天候不順が続くと室内にカビが発生。

住民じゃないので、プラスティックゴミなど自宅に持ち帰らなくてはならない。
プロパンガスは高い! 使わなくても基本料金で月々2000円以上が消えるので、いっそ電磁調理器にしておけば良かった。(電気については、相手が大電力会社ということで、せいぜいが電気器具くらいしかうまみがないせいか、工務店も自分からは決して勧めてはくれません。)

★これから田舎に家を持ちたい方に…

土地を買うときは値段だけじゃなくて、現地を見てね。安くても、公道に出るのに高値をふっかけられたり、井戸を掘らなくてはならなかったりするケースがあります。 




--------------------------------------------------------------------------------


建ててみて分かった!  
田舎のうち、ここは成功・ここは失敗!


ここは成功

☆一番安い、タイルなんか使っていないユニットバスにしたら、目地のカビ掃除の手間が最小限で済んでいる。

☆外側から扉が開く、シャベルや泥汚れがついたものをしまっておけるスペースをつけたら便利。

☆勝手口を作ったのは大正解! お客様の前をごみ持って走らずに済みます。

☆大きめなベランダを作ったこと。

☆薪ストーブを設置したこと。のんびり感が増します。

☆2階は障子を入れてもらわずにストップをかけたこと。(きれいな障子貼ってあっても、子どもが破いちゃいます。)
☆押し入れの段は、ムアツ布団風の干さないで良い布団を立てて入れられるように、最初からお願いして、下段がとても高いです。これは、大成功!布団管理がとてもラクです。

ここは失敗

☆薪ストーブ。どうせつけるなら、最初から工事しておけば少しは安かった。

☆もう少し床を高くしておけば、湿気がこもりにくかったかも?

☆プロパンガスは別荘として空けておく期間が長いと割高。電気にしておけば良かったかも?

☆パソコンを始める前に建てたので、2階でモデムをつなぐことを考えず、電話のコネクタが1階にしかない。(まあ、小失敗ですが。)

☆もう少しお金が出せたら…2重サッシにしたかったです。結露が少なかったでしょうネ。

                                                        (4/12/99記)