2006oct19ごまちゃんご褒美ニンジン作り
 我が家のアイドルはげっ歯類のチンチラ(ネコのチンチラではありません)。ご覧いただく画像、ゴマちゃんが真っ黒のエボニーという毛色なので、あまり目鼻がはっきりしませんが、ウサギとリスのいいとこ取りみたいな可憐な草食動物とお思いくださいませ。
2006oct16ゴマちゃん
 さて、こういった草食動物、それにハムスターのような小動物を飼っているだいご味の一つがが「うるうるのお目目でおやつをおねだりされる」って事でしょうか。実際にペットショップには草食を好む小動物のためのおやつが用意されています。焼き菓子から、ドライフルーツ、ドライ野菜まで、何種類もありますが、やっぱり人間と比べて数が少ないからでしょう。お値段がかなり割高なんです。

 ゴマちゃんはドライニンジンが大好きで、主食のペレットの中のニンジンだけ先に食べてしまう程なので、ごほうび系おやつとして、ドライニンジンを買うのですが、この前、お値段を見て、およっ!と思いました。ニンジン180グラム相当で380円くらい。うわっ、高いっ!

 そうだ、家で作ればいいじゃん!と早速思うのが甲斐小泉です(笑)。台所常備品であるニンジンを薄切り、ご覧のような味噌こし用のざるに入れて天日干しします。大体数日位でドライニンジンが出来ますね。無農薬栽培のニンジンなら、ザッと汚れを取って皮はそのままで良いでしょう(その方が栄養豊富だし)。

 味噌こし用のザルの良いところは、二次加工せずにそのままピンチ等で吊るし易いことと、バランスを崩して中身がこぼれる可能性が低いこと。一見小さめに思えますが、家庭で作るドライニンジンの場合、やはり市販品のフリーズドライ製法などのものとは違って、傷みが早いですから、一度に1本分くらい作るのがちょうどよく、それには味噌こしザルってサイズがピッタリなんです。

 ちなみに・・・このザルは100均でゲットしたものです。

 秋口から春先くらいの乾燥期向けですね。物が腐り易い、かび易い時期はペットの健康を考えると、市販品を利用した方が良さそうですね。(あるいは冷蔵庫利用するとか?)

人気blogランキングへ