2006Oct21カマキリ

 ありがたいことに今日も洗濯日和。大物も乾き易いだろうと長男の蒲団カバーを洗って干したら・・・あらら、お客様だわ。
 秋を告げる虫のひとつ、カマキリがこちらを見てる。では、せっかくだから写真撮ってあげるねとデジカメを持って近付いたら、ベランダの手すりの上部分に乗っていたのが、じりじりっと下がってしまった。


 カマキリをその宇宙人的容貌から怖がる人や嫌う人も結構多いけど、カマキリにしてみたら、やっぱり人間こそが危ない奴なんだね。じりじり下がって行く姿に「私、コワイ人じゃないからね〜」と声を掛けてやりたくなってしまった。

  私は子どもの頃、虫愛づる姫と呼ばれていたくらいで、大概の人よりは虫に強い(というのも変だけど)らしい。虫が出て「きゃ〜!」という悲鳴は背後から突かれていきなり不気味なザワザワが出てきたってな時か、あれば毒虫が出た時でしょう(幸い、日本では一般的には過激な毒虫が後ろから降ってくるってことはないようで)。

 全く勝手な人間の理屈で、ゴキブリとか花芽に付くアブラムシや触ると痛いチャドクガ、シロアリ(これは実物を見たのははるか昔のように思う)の類の害毒とアイテム分けされる虫にはお亡くなりになっていただきますが、後は大体は逃がすことが多い。毎日のように出てくる小蜘蛛なんかも手でつかんでベランダに出してやるし、青虫なんかも、出来るだけお外へ出す。

 で、どうしても手づかみ出来ない上、やたらとすばしっこいものについては、掃除機で吸引するという手を使います。掃除機の吸引力は相当なスピードで気の毒ですが、虫さんたちは大概(たぶん、ここでもゴキブリなんかは例外的に生き延びるでしょうから、この手は使えなさそうだけど)ホースの中で失神してお亡くなりになるそうです。

 殺虫剤なるものは、今年の夏前に蟻が異常発生してしまって致し方なくアリコロを使ったけれど、シュ〜ッとやるタイプは買わないなぁ。あれ、人間が吸い込みそうだもん。

 日が暮れるのが早くなりました。周囲の桜の葉っぱが少しずつ色づいています。秋が深まっています。

人気blogランキングへ