英国びいき、葉山暮らし
ケイティー恩田著
神奈川新聞社 (2006.12)
通常1-3週間以内に発送します。
 甲斐小泉が場違いにも月に一度(このごろPTAの行事がらみでお休みが続いている(T_T))、通っているサロン系のお教室の師匠が出した本。こぶりだがなかなかおしゃれな雰囲気である。

 毎月、必ず自筆の一言がはいった案内はがきを下さるのが、また素敵なんだけど(忙しく活躍する方ほど、そういう気配りがマメという説と合致する)、そのはがきに使われた写真も含めて、生活風景の写真やエッセイ、そしてレシピも入った本、昨日発売されたのです。

 で、先立ってサイン会が開かれた特急で一つ先のターミナル駅の八重洲ブックセンターには発売日前でも本が並んでたのに、実家のそばの有隣堂では探し方が下手なのか見当たらなかった。

 甲斐小泉居住地界わいじゃ葉山って言ったら、鎌倉と並ぶグレードで、車で走りやすく開放的なリゾート気分と文化性を味わえて、すごいブランドな訳。で、そのブランド力は間違いなく隣接区域までは神通力がビンビンなんだけど、もしかして、横浜市北部では・・・

 て〜か、東京都青葉区民なんて言葉があるが如く、視線の飛ぶ先が県内じゃなくて、東京なんだよな、あのあたりは・・・と並んでる本の雰囲気を見て思った。(かつては横浜のチベッ○と呼ばれていたと管理組合の古株の人たちは話すと父は先日も言っていた。今はその呼称はむしろ我が家の界わいに相応しい^^;・・って水曜日に遊びに行った友人もこのあたりはチベッ○よと言ってましたが・・・)

 ちなみに・・・ばーちゃんブックの編集手伝いをした経験から言って、ご本はご本人から表示価格どおりで買わせていただくのが一番よろしいようなので、私は今度お目にかかった時にサイン本にしていただきますです。(^^ゞ

 (このようなびんぼっち〜サイトで紹介してるのがバレたら師匠と高貴なお弟子さんたちから大ヒンシュクものかも?^^;)

<人気blogランキングへ