不在配達物があるぞと外出先から戻ってきて気付いたら、モラタメに申し込んでおいたウコンの力だった。
 これは説明を読むと宴会好きなおじさん向けみたいな感じなんだが(そういえばなくなったはらたいらさんが、ウコン、ウコンと言っていたね〜)、パッケージを見ると朝パッチリとなれるらしい・・・とそのあたりでまたしても受験生のために頼んじゃったわけ。

 夜更かしで朝がしゃっきりしない息子だって、使っていいだろうというノリです(笑)。早く先日頼んだ豆乳スープも届いてほしいもんだ。これでばっちり受験対策が出来ようというものだ(と思いたい(^^ゞ)。


 さて、今日は夕方指圧に行ったのだけど、殆ど無言で大人しく伸びていた。理由はといえば、朝っぱらから図書館に徒歩で行って本を返してきて、それから区役所行って、駅まで歩いて・・・と地元で40分以上歩いて、昼間のボラ系バイトの後には鉄道道を通って、山下公園前に行き、モトマチ経由で石川町で電車と、朝も夕も2駅分ずつはたっぷり歩いたからなのである。

 山下公園では「45年間ありがとうございました。氷川丸はこれからもいます」というような文の横断幕をつけた氷川丸が係留されているが、勿論入り口は閉ざされており、掲示板にはあいさつ文があった。かもめが係留用の太い鎖にいっぱい止まっていた。

 カタログハウスの店で30万円のマッサージ機をしっかり試してきたんだけど、やっぱり人間の手には負けるねと思ったのも、指圧のセンセのところで大人しくぺっちゃり蛙のように伸びていた理由の一つかも知れない。

 30万円のマッサージ機はセンサーでツボを探り出すし、ホント、私なんかよりよほど上手に揉むんですよ。ひょっとしてコートの中の綿が偏っちゃうかも?と心配するくらい、地厚のコートの上からでもビンビン来る程しっかり揉んでくれる。

 けど、やっぱり有資格者のプロには負けるんだよね。ま、じゃなかったらプロとはいえないが・・・

 正直なところ去年1年間で、ほぼ10万円ほど治療に使ってしまった。それを思うと、3年で元が取れて、しかも毎日好きなだけ出来るマッサージ機って素敵じゃん、とお試しの最中には心が揺れたのだが、しかし、プロの手に掛かると、考えがコロリと変わる。

 マシンは場所を取ります(高性能であればある程)。我が家のリビングがさらに狭く、じじむさくなること必至!

 マシンが来たら、私は益々おうちにへばりついて運動不足になります。(指圧に行かねばと気合を入れるからこそ、そして、少しでも経費節減と思うから、乗り物使わず往復1時間のお散歩をするわけです)

 と思うと、やっぱり高そうに見えても、人力に頼った方がトータルでは健康、そして節約にもよいのか思わざるを得ない(せまっくるしい家だと、ストレスたまって、無駄買いしたり、外出ばかりして遊んでいそうだし(笑))。

 んま、そんな風に思っていたところに健康ドリンクが到着したわけで、一気に子ども思いの母モード(!?)になった訳です。

ちなみにこれをアップロードしている時点ではウコンの力、追加が入り、まだ数百本が買えるようであります。(と言ってる間に減るのかな?



人気blogランキングへ