実家に参りました。またしても、父から色々といただきもの(ありがたいのもありますが、中には単なる不用品もあれば、こんなに沢山貰って困っちゃうってなものもあるというのが毎度のパターンです)をしましたが、紙類も貰ってきます。というのは、資源回収にちゃんと出せない父のために代行して我が家で始末するため。(T_T)
 その中に「これは怪しい」というDMがありました
 
 差出人の名称は書いてあるけど連絡先なし。封筒には「○○区民の皆様へ」とだけ書いてある(ビニール封筒には宛名なし。配達地域指定冊子小包って書いてありますけど・・・)。

 内容は氏名、住所、電話番号等の個人情報を含む詳細なアンケートへの記入を求めるもの。返信用封筒にはさすがに住所は書いてありますが、電話番号もメアドもなし。URLだけ書いてあるので、パソコン環境にないご老人なんかは、うかうかと書いて出しちゃいそう。

 アンケートの内容は消費に結びつくあれこれをかなり色々な分野に渡って聞いており、学歴やら年収まで立ち入った事を尋ねています。そして最後の個人情報の欄に「デジカメが抽選で当たる」という釣り餌が書いてありますが、でも、何名に当るとも書いていない。

 危ないですよ〜! こんなアンケートに回答をして出しちゃったら、先方の思う壺。無償でウハウハな情報(市場調査の正規ルートを使ったら、それなりのお金が掛かる内容でしょう)を当るかも分からないデジカメ欲しさに出しちゃったら、DMならいいけど、電話、訪問セールス来放題でしょう。

 相手は「あなたの意思を尊重します」だなんて言ってますけど「個人情報保護法とは、個人方法の利用を禁じるものではありません。不正・漏洩データの使用を抑制するとともに、健全な個人情報の運用、適正な利用を促進するものです」な〜んて書いて煙にまいております。市場活性化だのなんだのパッと見口当たりの良い言葉を羅列し、契約書だの決まりをじっくり読むのが嫌いな人には何だかよく分からないけど、安全そうと思わせる文面。

 「お答えいただいた皆様の情報は、商品やサービスなどの案内のみに使用させていただきます」ってさぁ・・・要はあんたがこのアンケートに回答してくれたら、販売促進のためにせっせと活用しますよと言う訳です。

 色々なDMやら訪問やら電話を受けて、暇つぶしをしたい人以外には絶対におススメできない、一見して口当たりが良いけれど、消費者にとって不利になる内容のアンケートをポストに入れる会社、私は大嫌いです。

人気blogランキングへ