正直に言いますと、どうも家人に評判良くないんですよ。私がネットに日記を書いてるって事。だもんで、もしも、なが〜く読んでくださっている方がいらしたら「パワーダウンしてるじゃん」と感じておられる方もいらっしゃるかも知れませんね。
 個人情報が分からないように書いているつもりでしたが(見る人が見れば分かると言われた事はありますし、実際にご近所のある人から「検索したら出て来た甲斐小泉さんってあなたでしょう」と御指摘を受けた事も^_^;)、おばかなリンクの張り方とかで、親戚にはバレましたな。で、親戚→家人というルートで・・・・

 前の日記には時々親戚関係のブツクサとかも書いていたし、おばかな子どもを嘆く母節も「激しく」書いていたんですが、何せ、御本人が目にするのもまずいと(笑)。それがパワーダウンの理由です。

 更に家内で最も保守的な頭の持ち主からは「危ない」と言われる事もあります。

 ただ、保守的頭脳の持ち主も実際にネットで知り合った方々とお会いする機会があったら、そうでもないと分かってきたようではありますが・・・まだまだ、頭の中には妄想があるようですな。

 時間と体力が限られている(財力もだ!)以上、ネットでお知り合いになっても、実際にお目にかかれない方の方が多いと思います。んなのになぜだ?と言われれば、多分、皆様も御同意くださるのではないかと思いますが、年齢性別を問わず、ありのままの互いを認め合えるというよさがあるからではないでしょうか。

 残念ながら、実際に生活を共にする人間である程、相手に対する要求が多くなり、したがってカチン!とかむか〜っ!も多くなるし、こちら側からの説教や叱責の類も増えて参ります。相手が愚痴を言ったからとて、状況によっては「わかった、わかった」とは言えない事も多いですよね。

 でも、ネットで会う方たちとは、生活を共にしない分、文字通り、無責任といえば無責任なのかも知れませんが、相手の重荷となる可能性なしに、悩みや喜びに「そうだよね〜」と言い合えるんですよね。

 息苦しいほど効率が求められる世の中だからこそ、そういうお付き合いってほっとしませんか? 勿論、世の中にはネットでこその大乱戦を繰り広げる方、それが好きという方もおられるし、それも無意義とは思いませんが、でも、若さより円熟(!?)という年齢になって来た今、周囲との軋轢ー主に要望や期待に縛られてのーにしんどい思いをしている時に、そうだよね〜、大変だよね〜と無条件で言ってくれる人たちの存在は、たとえ会えなくても、いえ、会えないからこそ、貴重なんだと思います。

・・・ってのが、パソコンのキーボードを叩けば叩くほど、体調が悪くなるって分かっていても、や〜めた!(きっぱり!)と言えない理由として大きいですな。(^^ゞ



 今日は朝はこんな天気ではどうなのと思ってましたが、爽やかな秋の天気となり、どうやらまんまるお月様が拝めそうですね。

 ネット環境にはない母の親友が目がしょぼつくと言っておられたので、わかさ生活の『ブルーベリーアイ』
をプレゼントする事にして手配しました。





人気blogランキングへ