2007Dec17長谷のラ・テール前菜2007Dec17江ノ電の鎌倉駅
 近所の友人二人が私の予定に合わせて1週間延期してくれた鎌倉訪問。お言葉に甘えて、先ず実家の墓参から始めました。

 その後、ハチミツ屋さんや紀伊國屋経由で友人が御実家のお母さまから勧められたというカジュアル・フレンチのお店に行こうと江ノ電に乗りました。

 江ノ電、かなり久し振りです。ご覧のように終点である鎌倉駅ではクリスマスのディスプレイが・・・真ん中にいるサンタ帽子をかぶったこちょっとした存在。なんと座布団の上の蛙君でした。「また帰る(=また乗りに戻ってくる)」という意味なのでしょうか。大いなるローカル電車の雰囲気をたたえ、外人観光客の姿も多いというのは、多分京都の私鉄と共通のものがあるのだろうなぁと思いつつ、本当に短いのんびりした列車の旅でした。

 長谷にあるお店、ラ・テールですが、大船からお引越しして最近開店したそうですが、落ち着いた雰囲気です。嬉しい事にezwebでレストラン検索サイト「ぐるなび」
のクーポンを引っ張り出して(というのはお店の入り口に置いてあるカードを取ったら、ぐるなびの表示があったので、さてはと思ってアクセスしたのよん♪)グラスワイン1杯つけていただけましたっ!

 画像は9品目のオードブル。スープも乗ってるかわいいきれいなお皿です。メインはお肉かお魚か選んで、パンは女性には十分。デザートと珈琲か紅茶がつきまして、しめて1600円のレディスコースですが、なかなか良かった。

 お店が開店する時間にちょっと早かったので近所の小さいおしゃれな雰囲気のショップ(駅より)にも立ち寄りまして、友達はそれぞれちょこっとお買い物。

 ランチで満足した後は海に向かって料理上手の友人ご推薦の「三留商店」。小さい商店でも品揃えがユニークなら生き残れるという好例ですね。以前、前を通った時はひなびた雰囲気の店構えにカラフルな輸入食料品という感じでしたが、今はプチ紀伊國屋風になっていました。店員さんが実際に使ってアドバイスしてくれるみたいで、月曜という事もあって混んではいないのですが、絶えず常連さんが買い物に来ている感じでした。

 江ノ電で鎌倉に戻り、御成通りのキビヤというかための天然酵母パンが有名な小さなパン屋さんに立ち寄り、ちょこっとお買い物。その後、若宮大路に出てぶらぶらし、ユニオンで私もミル付きペッカーを買いました(友人が三留屋で買っていたのを見て羨ましくなった)。

 最後に私は鎌倉まめやから来た1割引のDMを持って、おいしそうな加工ピーナッツをいくつか買い、キリがいいからと早めに引き上げました。

 あ〜、楽しかった♪

 近所なもので、京都のように舞い上がらないけれど「次、どこへ行こうか」という楽しみ方が出来るので、やっぱり鎌倉も好きです。

人気blogランキングへ