父が圧迫骨折で入院中の富士見高原病院に見舞いに行きました。

身動きならん状態の父はパッと見重病人状態ながら、口は動いてました。

さて、富士見高原病院は前身は富士見高原療養所。結核患者のためのサナトリウムでした。

堀辰雄の名作「風立ちぬ」の舞台として有名であり、竹久夢二の臨終の地でもありました。

祖母は堀辰雄と同時期に療養所で療養生活を送っていたので、もうかれこれ十年位前に一棟だけ残っている療養棟の見学をさせて貰った事があります。

その後、老朽化や維持管理の大変さから取り壊しの話が出ているものの、貴重な文学的遺産として保存したいという声も大きく、幸いにもまだ健在です。

表側は現代的な病院ですが、ちょこっと裏手に回ると古色蒼然とした、どこか懐かしい洋風建築が残っています。

前もってお願いすれば、内部の見学もさせていただけると思います。

祖母の思い出には関わりなく是非是非後世に伝えて行って欲しいです。
人気blogランキングへ


2008Mar22高原療養所94674cec.JPG