2009年3月9日白い沈丁花

 この頃、あまり見かけないと思っていた沈丁花。今日、夕方、近所を歩いていると、懐かしい香りが漂ってきました。見ると、外側が小豆色、中が白というオーソドックスな沈丁花と、この白い沈丁花がとあるお宅の庭から道路に向けて咲いていました。

 フリージアとか、金木犀はよく香るのですが、子どもの頃、とてもポピュラーだったクチナシや沈丁花は、今はあまり見かけなくなりました。それだけに、かえって新鮮です。

 さて、今日はたまにこういう日もあるさ状態で、書類の整理に追われました。確定申告の書類も用意しなくちゃだし、子どもの学費関係やら何やら・・・

 午後に今年2度目の歯科医にも行きまして、歯磨き指導と、研磨をして貰ってきました。
 この年になるとねぇ・・とつい言ってしまうのですが、歯も長年使うと、経年劣化というべきか、長年使い続けた浴槽みたいなものです。つまり、小さい傷や磨耗から汚れが取りにくくなるという次第。

 甲斐さんは虫歯の心配はなさそうだけれど、歯周病のリスクはあるから、半年に一度は来てくださいよと言われましたので、今度こそ、ちゃんと半年後に再訪と生きたいものです(この前行ってから、今回まで、1年近く間が空いてしまいました。(^^ゞ)。

 これは私のポリシーですが、基本的な事はある程度お金を払ってもきちんとしたいんですね。

 例えば、流行のファッションに身を包み、ブランド物を身につけていても、正しい歯磨きをしなかったり、ちょっとした虫歯だからいいじゃん!などと言って放置するようなのは、全然おしゃれじゃないと思うんです。

 また、上に着るものは安いものでもいいけど、肌着、下着などはある程度お金を掛けて、手の上げ下げでずれたり、フィット感に欠けるものを選びたくは無いですね。

 

 ところで・・・・そういう点では靴も重要なポイントで、文字通り「足下を見る」という対象なんですが、私の場合、これは、安いもので済ませちゃってますね〜。その心はかつて程ほどにお金を掛けていても、型が合わず底マメが出来たり、しんどい思いをした上、冬場は情けなくもシモヤケが出現する足なもので・・・ついでに言うと、革靴をきちんとお手入れする自信もないもので、バイオフィッターとかキレイウォークなどを選んじゃうんですね〜。(^^ゞ

 今日も湯船につかりながら歯磨きをします。これで体が温まるし、丁寧に歯磨きできますよ〜。(^_^)

人気blogランキングへ