2009年4月3日隅田川桜1

 連日、二男の汚部屋を普通部屋に格上げすべくごそごそやっていたので、どうも疲れました。今日は資源回収にだいぶん出しましたが、まだまだ・・・。

 しかし、近所の友人からのお誘いにはいきなりホイホイ乗りました! お花見いかが? 鎌倉?都内? で、都内となりました。

 すごい久しぶりの浅草のお花見です。(浅草自体は正月にもお参りしましたが)

 浅草駅を下りると、直ぐに分かる人の流れ。隅田川沿いは人がいっぱい。遊覧船も大人気で、文字通りかきいれどきであります。

2009年4月3日隅田川桜2
 七部咲きくらいでしょうか。浅草のある台東区から、対岸、金色のオブジェがウンが良くなりそう(笑)と話題を呼んだアサヒビール本社のある墨田区側に渡りました。こちらは少しだけ空いている。

 桜橋という人・ペット・自転車オンリーの橋に近いところでは、気風が良いのがウリだった向島芸者のおもてなしお茶コーナーがあり、ここも賑わっていました。日本髪に和服のきれいどころも、本日は至ってカジュアルウェアなおばちゃん、おじちゃんに敷居をひく〜く接してくれているようでした。

 人気の長命寺の桜餅の店舗の前にも行列。言問団子の店は喫茶の人が並んでいます。諦めの良い私達。行列は苦手です。

 アサヒビール本社のビルに戻りましたが、建物内レストランは、ちょいと良いお値段で、覚悟なしにふらっと出て来た私達には無理、無理・・・で、浅草の洋食屋さんに行きました。友人が前にも来たという「ぱいち」という店。お手ごろ価格で、サクサクのメンチカツの定食750円なり〜でした。

 その後、私は初めて、製菓・製パン名人の友人は何度目からしい河童橋に足を踏み入れます。昔のイメージでは「河童橋はレストランの見本がいっぱい」だったのですが、食器、厨房関係の店が多く、レストランの見本の店というのは、ほんとうにチラホラ。この見本って、全て手作りですから、結構なお値段のようですが、そのリアルさはすごい。

 その気になると、色々な宝が出て来そうな商店街です。

 ライバル店が半端にぴょこぴょこあると、足の引っ張り合いだけど、沢山あって、色々選べるレベルになると、人を惹き付けるというマーケティング理論をどこかで読んだように思いますが、まさに、それを実証してくれる街並みでした。

 最後、ちょいとお茶ねでケーキセットを取って、ほっとしてから帰途に着きました。

 は〜るのうら〜ら〜のす〜み〜だ〜が〜わ〜♪と歌いたくなる日和でした。(^_^)

人気blogランキングへ