ブログネタ
子どもへのメッセージをどうぞ!(ブログ300万人突破チャリティ企画) に参加中!
 ライブドアでチャリティ企画。ブログ投稿に1本につき10本のワクチンを提供して貰えるそうですので、これはぜひ参加させて貰わねば・・・です。

 たぶん、今の時代を後で振り返ると、昭和4年の世界大恐慌の頃と同じように「大学は出たけれど(就職が出来ない」、食うに困って家族を身売りに・・は今は表向きは無いけれど、似たような状況があった時代として記録されるのではないでしょうか。つまり、私が生まれてから、一番ひどい状態だろうと思います。

 医療の崩壊も叫ばれているし、今までと比べると相当酷い話も聞きますが、それでもまだ発展途上国の子どもたちの環境から思うと、余裕はあります。いえ、決して、下には下があるのだから安心しろと言っているわけではないです。

 今の日本、決して捨てたものではないとは思います。電車の中で若い人が席を譲ったり、街中で、たぶん、行きずりの目の見えない方を誘導してあげている人がいたり・・・。一方で懸念するのは、長い目で見る、ということが出来にくくなっていること。

 今が良ければというので、貯金をせずに、楽しみ先取りというのは、リスクの高い生活態度ですが、それを大人が、いえ行政が堂々とやっていたのが日本。お金が余っているからと、じゃんじゃんハコモノ立てて、赤字国債を出しまくって・・・

 というような状況でえらそうに言うなよといわれるかも知れないけれど、やはりこれから先の長い方には、しんどい時期だとは思うけれど、刹那主義に走らず(そりゃ、たまに息抜きは大事ですよ)、ロングスパンで見て、特に健康面と、経済面で足元を固めてほしいと思うのです。

 若い頃は体力があるので、無理がききますが、遊びはもちろん、仕事でも、使われ過ぎることのないように、純粋な気持ちを利用しようとするずるい大人もいるので、重々注意してほしいと思うし、(目先にぶら下がったニンジンみたいな出世へのほのめかし等、本当にそうか、クールに判断することも必要かと思います)、生活の基本の部分、就寝、起床、食事、そして適度に体を動かすこと、心を動かすことは大事にしてほしいのです。

 そして、経済面。もちろん、お金がすべてではありませんが、特に都市部に住んでいるとお金が対価として必要なことが多いです。払えない、借りようではなくて、余裕があって遊びや趣味にまわせる状態の時にこそ、心を引き締めて、近未来に備えて、冬篭りの前のリスや熊のように、お金を貯めておいてほしいと、そうやって、何とか乗り切ってきた身として思います。

 人生、時として病気をしたり、障碍を持ったりすることもありますが、心の健康を損なうことがないように、楽しいひと時も大切に。趣味もそうですが、お金や物目当てではなく、共に時間を過ごしてくれる知己や友が、人生を彩ってくれる嬉しい存在なのではないでしょうか。

人気blogランキングへ