ba45a21d.JPG
1fd4854a.JPG
a2597689.JPG
ETC割引利用中距離ドライブ第二弾、今日は長野方面に出掛けると言う大枠以外、行き当たりばったり。

当初松本に行こうかと言っていましたが、出口に並ぶ側道の自動車の列の長さを見てや〜めた!

更埴ジャンクション手前の姨捨サービスエリアで、上信越道経由で小諸に行くか、善光寺に行くか、小布施に行くか決めようと言うアバウトぶり。f^_^;


姨捨なんて、今の私にはなかなかいたたまれない地名ですが、善光寺平が一望の素晴らしい眺望が楽しめました。

が、どこも混んでいて食事は後でね、と言うのが甘い見込みと思い知る事になるとは全く思いませんでしたね。

ここで貰ったNEXCO東日本(中日本と東日本の線引きの基準がさっぱり分かりません)の情報を見たら、小布施パーキングエリアからハイウェイオアシスに出て、そこに車を止めて、一時間に一本位に運行される小布施のシャトルバスに乗ると言う手が使えるとの事。

では、まず小布施、それから時間があったら善光寺と言うのもとてつもなく甘い見込みと思い知るのは後の事でした。

シャトルバスはレトロ調のマイクロバス。今日は書き入れ時で後ろにマイクロバスよりは若干大きい普通塗装のバスも付きました。

一人三百円の周遊券売り場のお姉さんから、町の中心部に栗菓子の有名店が複数あり、食事も出来るけれど、混んでいる筈、と言われたけれど、もう一時過ぎてるし、と北斎館に近いバス停で降りたら、んまあ、すごい人出。

折しも秋。果物王国小布施(沿道にリンゴや栗、葡萄などの畑が広がっていました)は大人気。

結局、シャトルバスの時間を考えて、あと一時間は待たされるだろうと言う食事、ウェイティングリストに記名しましたが諦めて、これだけは見たい!と北斎の晩年の力作、八方睨みの鳳凰の天井画を見に岩松院に行きました。

いかにも山寺と言う素朴な風情のお寺ですが、勇猛果敢をうたわれた戦国武将、福島正則の廟があったり、小林一茶の痩せがえるの句碑があったりします。

山の家を出るときには寒かったけれど、盆地は暑い!全く間の悪い事に参拝を終えたら、軽食になりそうなおやきも売り切れて、空きっ腹な事もあり、正則公の廟はパスしました。

夫は最終便でハイウェイオアシスに戻っても良いと言ってましたが、義姉一家が寄りたいと連絡して来たので、ギリギリの大慌てはしたくない、と結局、北斎館その他何も見ずに戻りました。

なあにが善光寺だ。おバカや〜い!と自分の事を笑っちゃいました。初めての秋の大型連休でETC割引効果抜群なのに、あまりに読みが甘かった。

昨日が遅く出た割にはうまい具合に事が運び、渋滞知らずだったので油断もありました。


トドメに塩尻からかなりヘビーな渋滞が小淵沢まで続くと言う大誤算。

義姉一家の来訪時間をズラしてもらい、やっと残り物と乾麺の蕎麦、それに昨日オマケで貰ったかんてんパパの雑炊と言う質素な夕飯となり、皮肉にも思いっきり安くついた日帰りの旅でした。トホホ

ま、今回で小布施のあらましが分かったから、次はこんなに混まなさそうな時期に町営駐車場に止めて、レンタル自転車を利用しま〜す!


教訓)

★連休+ETC割引を侮るべからず。

★連休に人気スポットに向かう時には、妥協して食べられる時に食べておくべし!


人気blogランキングへ