ブログネタ
「ブラック会社」って聞いたことあります? に参加中!
 今日は友人とダイエーに行き、珍しい事に割りと普通にお買い物。図書館はバザーに行った時に寄ったのでパス。となると、友人との待ち合わせの書店でゆっくり楽しめます。

 この書店、結構広いのだが、私がたむろするコーナーは限られている。旅行誌、新書、ビジネス、家庭系の住宅などなど。その辺りで見つけたのがブラック企業に関する本。

 おもしろそ!というのもあったが、シューカツをぼちぼち開始している長男がそういうところに勤めては困ると思ったのもある。

 ブラックだから、多分、怪しい会社、例えば点検商法とかキャッチセールスなどなど、消費生活センターや国民生活センターの類が指摘している悪徳商法系だろうと思いつつちょっと見てみると・・・冒頭部分からいきなり「あ、あの会社だ」と分かるところが出ていた。
 それは、田舎の近隣にある某不動産会社。あまりはっきり書くと、親戚にもそこから土地を買った人がいるので、障りがあるのでありますが、やってる事が滅茶苦茶なのは、何度か倒産し、代替わりしている事からも明らか。(その界わいを知っている人が読めば、一発で、企業の名前分かるような書き方になっていました)

 みょうちくりんなテーマパーク風にしつらえ直した時期があるのだが、閑静な森を駐車場にしてしまったり、その辺りに建っていた古い別荘を、販売当時の価格、という信じられないようなボロ値で、半ば恫喝するように買い叩いたなどなど、変な噂が聞えて来ておりました。

 そこで勤めていた匿名青年の告発という形で「営業部長の口癖は、馬鹿野郎だの、殺してやる!」だの、そりゃ酷いものだったし、お客様に平気でウソをついて売る、というような話だった。

 う〜、聞きしに勝る、じゃなくて、劣るブラックさ。口あんぐり。

 その会社の母体は昨年だか一昨年だか(サブプライムローンより随分前の時点で)倒産したものの、別荘地は存続してはいるし、営繕の業者などは結構良心的みたいな話を親戚からは聞いているけれど、営業体制はどうかなと・・・。

 あ〜れ〜ネタがあった後には、定番の悪徳商法系も載っていて、そして、某大手精密機器メーカーなど一流とされる大企業の名前も載っていましたよ。

 ブラック企業の定義とは商品や売り方が阿漕なだけではなく、一流とされるものやサービスを売っているとしても、社員の心身が滅びるほどこき使ったりする企業なんだと改めて納得しました。

 確か、この本だったかと思います。



 立ち読みをして、買わない私も相当ブラックだ。ごめんなさい。m(__)m 

人気blogランキングへ