ブログネタ
オリンピック開催地、東京落選についてどう思う? に参加中!
 秋はヘナで髪を染めるのにはなかなか良い季節です。ダイソーで買った1箱100円(税込み105円)という手ごろな価格もあって、ちょくちょく使いたくなります。

 早朝、ヘナを溶く→30分放置→朝風呂でヘナを塗る→汚れても良いとっておきの(笑)Tシャツに着替える→出来るだけだらだら放置→昼シャワー、という手順ですね。 

 他の染毛剤の場合はどうか知りませんが、ヘナをした直後は色落ちを覚悟して、茶色いTシャツ(ボロボロ:塗ってから洗い流す間に着る。そこそこ:それで外出しても近所なら辛くも許されるか)は必需品です。

 さ〜て、今日のライブドアのお題、出ましたね、オリンピック落選。
 ぶっちゃけ正直に言うと、私は落選してよかったと思っています。いっぱいお金を掛けての落選に良かったというのが不適切ならば、リオが当選してよかったと思います。

 どうして、また東京なのかと・・・。他の都市での開催という事なら応援できたのですが、この何年か、他地域を見ていて、東京への一極集中がまたぞろ激しくなっていて、特化したものがない地域のさびれぶりが痛々しくてなりません。

 ここでまたオリンピック開催となったら、東京へ更に過剰に人が集まるでしょう。

 残念ながら名古屋、大阪と続けて落選でしたが、もしも仙台とか福岡で実現したら、海外から東京に来る観光客がそのまま箱根、せいぜい京都・奈良を回って終るというパターンではなく、東北や九州〜中国地方の良さにももっと目が向けられると思うんです。となると、ブームに乗るのが好きな方々もそちらへどど〜っと・・・。工夫が足らないと、後が悲惨な事になる可能性はあるにせよ、地方活性の一助にはなると思うのです。








 もっと正直に言うと、石原都知事の「オレ様がやってやった」感がイヤだったというのがあります。

 ファンの方には申し訳ないですが、私は「弟」の中の武勇伝として喧嘩した相手を田越川に突き落としたというエピソードを読みムッとしました。実際の川を知っているから現場が目に浮かんだのもありますが、政治家として既に名を成した人が、得々として語る言葉にデリカシーのなさを感じ、とても嫌いになりました。(勿論、彼が政治家ではなくて、一作家だったら、好きにはなれないし、いやだな〜と思いつつ読みますが、有り得る表記だったとは思いますが・・・。)

 案の定と言うべきか、その後も色々失言していますね。人権感覚がないのがよ〜く分かるお言葉ばかりです。(私、人権感覚が麻痺している方は、他にどんなに立派な実績があっても・・・そして、著名な人であればあるほど、許せません)

 なもので、これでオリンピック招致に成功したら、どんだけ威張り散らすか・・・と思うととてももろ手を挙げて賛成出来ませんでした。

 頑張って招致活動をなさった皆様には本当に申し訳ないんですが・・・どうしても、石原都知事のスタンドプレーの側面が目について仕方なかったんです。

 何はともあれ、活動をなさった皆様にはお疲れ様でしたと申し上げます。

 今までオリンピックはほぼ欧米圏、いわゆる先進国でのみ開催。新たな大地での開催に期待しています。

人気blogランキングへ