・・・タイトルだけご覧いただきますと、事情を知らない方は、ひな祭りに合わせ、わざわざ鎌倉訪問したように見えるかも知れませんが、事情をご存知の方には「また行ってるかぁ〜」でしょう。

2010年3月7日祖母の雛














今朝、近所の友人から「鎌倉行かない?」のメールを貰い、はいはいはい!と付和雷同したヤツです。「ついでに墓参りしたい」とお願いしたら、こちらもOK。

今日の経路は鎌倉駅下車後、小町通の入ったところの右手にある花屋さんで仏花@600円を2束、それにマッチ20円、線香70円(これが存外安くて嬉しい!)を買って墓参。境内には梅が咲いていて、春の気配が立ち込めていた実家の菩提寺です。

2010年3月3日英勝寺境内















その後、大町のオシャレ系定食屋に行くかと言っていたものの、途中通過の御成通りにある花屋さんとカフェが一緒になったRakaposhiという店のランチ表示を見て入り込みました。(後に、大町のお店は改装中と分かり、食い気のお蔭と安堵)

Rakaposhiのカフェ部門はそれぞれ違う形をした椅子や机を並べたまったりスペース。席によっては花屋さんのお花がよ〜く見えます。タコライスって何だ?でタコライスのセットにしましたが、タコスの材料を散りばめた丼みたいなもんですな。ちょっと目先が変わっていて面白かったです。

その後、毎度お馴染みの御成通りを出て由比ガ浜通りに出たら右に曲がって直ぐのところにある元々制服店のヤワタに寄り道。とにかく安いのです、衣類が・・・。
私は旅友から教えて貰ってから、何度も足を運び、自分も何人かの友だちに伝えましたが、みんな大概気に入っちゃいますね〜。中にはそのまま着て帰った友人も・・・。

私は買わない、見るだけ女のつもりだったのですが、友人いわく「やっと甲斐さんに買わせたわ」という訳で、えっ、という程お安い撥水加工の軽々トレンチを買っちゃいました。おそろい!

クラレリビング製のショートトレンチの黒色。ベージュはかなり薄くて透ける感じだったので黒にしましたが、ちょっとした雨降りの時にパッと羽織ったり、旅先で肌寒い時に使えるね〜という事で・・・衝動買い。

友人は更にフェルトのバッグを購入。これまたお安く「これと同じようなバッグを縫うつもりで、フェルトを裁断していたのに、もぉ、やめたぁ!」です(笑)。

次に全国的に有名らしい手芸洋裁の店、SWANY に寄りました。これは完全に手芸の達人である友人の金魚のフン。

いや〜、洋裁や手芸をする方たちって、本当に色々なものを作られるのですね〜。

母たちの世代は、それをしないと高くついてしょうがないからと洋裁や手芸をしていたものですが、買った方がずっと安い現在。大きな違いがあります。

が、お母さんに連れられて来た幼稚園児と思しき子供たちのつまらなさそうなところ、店の中でついつい騒いでしまう様子は私の子どもの頃と変わりませんね〜。私の場合、母につれられて布地屋さんに行くと、今なら考えられない程の濃度のホルマリンで目が痛くなってしまうは、帰宅後は仮縫いの時に針がチクチクしたりして、尚の事恐怖でありました。

今の洋裁、手芸はとってもリッチな感じで、市販品ではあり得ないおしゃれさ。市販品と比べて、手作り品はどうしてもB級感が否めなかったのも今は昔。(中にはセンスの良い手作り品を着てくる友人もいましたが、ごく少数。お母さんのセンスがいいんだろうなぁと思いました)

などなど昔に思いを馳せた後は、クラシックな雰囲気の喫茶店、井川へ。

2010年3月3日井川看板

小津安二郎映画に出演されたこともあるという元女優さんがやっておられるお店と以前書いておられる方がいらっしゃるのを拝見しましたが、とても落ち着くお店です。駅の反対側、スターバックス御成店も好きですが、ここ、おススメです。

レモンケーキ(四角いケーキのスライスを2切れ)と珈琲を頼んで、FM横浜をBGMに色々お喋りをして過ごしました。



ひな祭りらしいといえば、鎌倉駅のそばにある羽床総本店でみりん醤油漬けを買ったこと(友人おススメ!)。これを炊き立てのご飯にとろりと乗せて・・・ありがたい事に、全くの偶然ながら、3の付く日は10%引きと言う事で、ふだん1050円(350グラム 3人分としてならたっぷりです)が945円だったのです。


あくまでも安く楽しく・・・私らしいひな祭りデーでした。