今日は実家関係の野暮用で出るつもりだったのですが・・・9時半頃家を出たら、傘がさせない。駅まで全うに歩けそうもない。で、行った先で土砂降りで、もしも、電車が不通になっちゃったら帰れないじゃん・・・と不安ばかりが頭をよぎりました。

天気予報では昼頃が最悪で、雷も伴う土砂降りなんて言ってたし・・・で、すばやく考え逆戻り。何が何でもの予定だったり、仕事というのなら、前進あるのみでしたが、緩やかな期限しかない書類を貰い受けるための用事をわざわざ大雨の日にぶつけるのもなんだよなぁ〜と言う言い訳もありました。

地元私鉄のメール登録をしていて、遅延があるとメールが来るのですが、当然、来ましたわ。強風により間引き運転で遅れ云々。それで行かないののダメ押ししてもらった気分。

朝、顔を合わせた友人に「やっぱり行くのやめた」とメールしたら、ありがたい事にダイエーに行くよとお誘いいただきまして、ホイホイ乗せて貰っちゃった。

今日は耐震工事を終えた市立図書館の久しぶりの開館日な上、ちょうど予約した本が入った旨のメールも届いていたし・・・。

図書館に行ったら、待ってました!状態のシニア層を中心にそれなりに賑わってました。勿論、新規オープンの賑々しさはなく、若干書棚の位置が変わっていたりする程度だけど、私も久しぶりに沢山置かれた書棚から選ぶ楽しみに、ついつい長く過ごしてしまいましたよ。

で、何のこっちゃない。9時半から暫くが最悪の天気だったようで、図書館に行き来する頃には突風で帽子が飛ばされそうな心配はあったものの、雨も殆ど降らず、帰る頃には晴れ間も・・・

野暮用は一応相手のある話だったので、断りの電話も入れて出直しを約束したんですが・・・これなら行って用を済ませスッキリしたほうが良かったなぁ〜なんて、ちょっと凹みましたよ。

予約入れてて、本日借りることが出来たのは「猫村さん」

きょうの猫村さん 4


livedoorブックス


数年前、当時大阪にいた友人宅で「長男が買って来た面白いマンガ」と言って見せて貰って以来、密かな猫村さんファンです。

猫がお手伝いさんなんてありえね〜設定なんだけど、それが全然不自然じゃなく(登場人物にとっても)、純真でお節介でちょっとミーハーな猫村さんと、彼女を取り巻くユニークな犬神家の人々やら、家政婦仲間の練れた人物などなど、極端な描写もあって笑えたりもするけれど、鉛筆描きの雰囲気がなかなかいいんですよ〜。

で、猫村さんを読み終えると、今度は新書本を2冊読み、間にうつらうつらして・・・

強風による荒れた1日を前提に、のんびり過ごしました。