GWの後から、さすがに初夏!という感じになって参りましたね。金曜日はちょぼ降りでしたが、昨日、今日とからりと晴れた気持のよいお天気でした。

気になっていた冬物の洗濯をした週末です。

先ずは暑がりの夫が夏掛けと取り替えた羽毛布団。結婚した時に母が奮発して用意してくれた、結構お高いものですが、さすがに○○年経過していますので・・・・ここは自己責任だ!で洗っちゃいました。

浴槽の残り湯に洗剤を溶かして(私しか入っていない風呂だから、ま、残り湯でもいいだろうと判断)、裸足になってじゃぶじゃぶじゃぶです。
本当は羽毛の軸が折れたりしていけないのでしょうけれど、手ではとても洗い切れません。

2度ほど水を換えて、足を使ってゆすいで、最後に洗濯機に入れて、かる〜く脱水してから物干し竿に掛けました。ベランダの手すりだと、水がぽたぽた垂れて、階下の方からヒンシュクを買ってしまいますからね〜。^_^;

こちらは即日乾くという訳にはいかず、2日掛かりになりましたが、何とか乾いたようです(もしも、曇天等だったら、風呂場に渡した物干し用パイプに掛けて、下から除湿機をぶん回すつもりでした)。

それから、ドライクリーニングをすべしとタグがついているコートとセーターも洗濯してしまいました。

コートはランズエンドのものとしては珍しくドライ指定なんですが、え〜い!かまわぬ!で洗濯機の「手洗いモード」を使い、脱水は軽く済ませました。コートは1シーズン着ると、どうしても、袖口と襟が汚れますので、そこにはグイグイと部分洗いの洗剤を塗りこんでしまいました。

若干へたった感じはありますが(だから、ドライにしなさいと書いてあるんだろうと判断)、へたった私にはへたったコートでよいのだ!と非おしゃれ人間は屈託がありません(自分で言ってりゃ世話がない(^^ゞ)。

セーターは今風の言い方だとビジューというのでございますか。私としては珍しくスパンコールだのビーズだのが襟ぐりを飾っているきらめき系ですが、鎌倉の例のショップで買ったものですから、元手以上のケア料金を掛けるのはもったいない!というケチ心満載で、こちらはたらいを使って、手洗いしました。

布団クラスの大物は浴槽を利用。デリケートな刺繍や飾りがあるもの、カシミアやシルクはたらいやバケツを使って手洗い(申し忘れておりましたが、楽天で買ったシルクパジャマを愛用。これは2日か3日に一度、洗剤「海へ・・」を用いて手洗いモードで1分洗った後は、引き揚げて洗濯用のバケツですすいでいるのです)

即発送!がんこ本舗【洗濯用洗剤 海へ 500ml】ラベンダーの香り 抗菌性もあるから部屋干ししても臭いが気になりません。


即発送!がんこ本舗【洗濯用洗剤 海へ 500ml】ラベンダーの香り 抗菌性もあるから部屋干ししても臭いが気になりません。
オークション&ショッピング ビッダーズ



手洗いではかさばるが、浴槽を必要とするほどでもないというものは洗濯機の手洗いモード(ドライモードというのもついてはいるのですが、一番、穏便な洗濯手順みたいなので、遭えて手洗いモードを選んでいます)を使って、脱水の時間を1分だけにしています。

とどのつまり、一番ラクチン手抜きが中間サイズで、そこそこ丈夫そうなコートやジャケット類の洗濯でしょうか。

殆どの冬物衣類の洗濯が済んで、今は合いのものと初夏のもの、それにそろそろ夏もの準備もし始めて・・・4月の中旬まで、気候に釣られて気分まで冬に逆戻りしていましたが、もう間違いなく初夏でしょう。(と言いつつ、まだ番狂わせがありそうな今年ですが)