今日はグルメなお友だちのアレンジで、ちゃんこ鍋初体験! 門前町の弘明寺にあるお寿司とちゃんこの庶民的な雰囲気のお店。

おなかい〜っぱいになってしまったのですが(後で画像貼り付けますわ)、お酒が入らないにせよ、1479円というありがたさ。これで、ちゃんこと寿司を2貫+ちょい+白子のポン酢和え1/2で、満足、満足。

2011年1月27日ちゃんこ小結


で、隣の駅まで大回りをして歩いてしまってケーキセットをまたペロリ。そもそも寿司っていうのが別腹になりそうなアイテムですが、加えてスィーツも別腹。明日体重計に乗るのがこわ〜い。
2011年1月27日白金タルト
(私が頼んだのは手前の白金を冠したタルト。でも、私は「欲張りタルト」と命名してしまいました。果物てんこ盛り!)


さて、前フリが長くなりましたが、今日のライブドアのお題。

最悪という程の出会いではありませんが、最初の印象はかなり悪かったのに、かなり仲良くなった友人が一人いますね〜。

去年の夏、豊橋で久しぶりに再開し、9月に横須賀・鎌倉案内した学生時代の友人。

彼女とは、な、なんと、受験の日、同じ机の端と端でした。ところが、互いに口も聞かず、むす〜っと・・・なんかとっつけないなぁと思って(って、受験生なのに、いわばライバルである全く知らない人と口を聞こうと思う私も相当なものか)、後ろの席の人とちょろちょろと会話していました。

で、合格発表を見に行ったら、前後かなり番号がぶっ飛んでいました。そして、入学後、クラス全員が揃ったら・・・いたっ!無愛想女が!!!! え〜っ、では、あの間隔があいた番号の若い方か大きい方か知らないけど、私の隣の番号ってのは彼女だったのかぁ〜〜〜。この人とは相性が悪そうだから、きっと仲良くなれないだろうなぁ〜・・・ぶつぶつ。

って筈だったんですが、何がきっかけだったのか・・・結婚式にお呼びいただくほどの仲に・・・

彼女は無愛想ではなくて、人見知りだったんです。付き合ってみるとすごくいい人で。この間「何せ田舎から出て来たから気後れして」って言ってました。(全然田舎じゃないと思うんですけど、彼女の故郷)

第一印象がいい人が必ずしもいい人じゃない事も多い(詐欺師なんて、その典型ですからねー悪いたとえだけど)一方、逆も結構有りと思ったのでした。

で、いつもプランニングしてくれる友人は、元々は幼なじみの同級生で、回りまわって、全然関係ない友人経由で知り合ったという不思議なご縁の方。彼女の場合は第一印象は悪くなかったというより、私がごときがお付き合いいただけると思っていなかったので・・・これもまた印象と違うという例かなぁ?