ブログネタ
被災者の方々へメッセージを! に参加中!
被害はあったものの、太平洋側の東北地方の方々のそれとは比べ物にならない首都圏で、食品の買い走り、慌て買いが増えているそう。

確かに余震の情報などあり、心配なのは分かるけれど・・・東北地方の方々のもとへ送られるべく増産されている分をわれわれが横取りしてしまっている可能性もある。

普段、自宅で料理をしている世帯ならば、何かしら食品がありませんか?

餅や乾麺、缶詰などなど・・・うっかり買い置きし過ぎたとか、調理の一手間が面倒で後回しにしていたものなど。
こんなときこそ狼狽買いをせず、自宅であまり使わないで置いていた乾物、缶詰など発掘して使ってはいかがでしょう?

また、賞味期限というのは消費期限ではありません。生鮮品の場合は消費期限を過ぎたものを食するのは危険ですが、加工食品は多少日にちがずれても大丈夫。

もちろん、生鮮品を必要以上に買って、結局使い切れないというのも、ひたすら無駄ですし、被災地の方々のご苦労を思ったら申し訳ないことです。

こんな時こそ、節約料理の腕前を発揮するチャンスです。それが、節電と同じように、被災地への応援にもつながるのでは?


唯一の救いは、今回の状態は、悪意や戦意などによる人為的にもたらされたものではありませんから、今は最悪で、時間はかかるかも知れないけれど、必ずや回復していきます。直接の被災地ではないエリアにお住まいの方々の災害用備蓄用食料は落ち着いてからゆっくり手配したらよいのではないでしょうか?

ところで、各所で募金活動も始まっているようです。

残念ながら、中には似非募金もあるとか。どれが善意でどれが似非か見分け方を書いてあるサイトもありました。

とりあえず、日本赤十字の募金についてはこちらです。