f0790743.jpg
友人二人とまたまたシネマ・ジャック&ベティで落語物語鑑賞。

一人の坊ちゃんが落研なのです。

物語はコミュニケーション下手の青年がひとりで出来る仕事と思い込み、内弟子になったら、実はコミュニケーションが必要な場面だらけだったと言う成長物語。

師匠夫妻をただ今の朝ドラではヒロインに当てこすりばかり言うかなり嫌な性格の代用教育を演じているピエール瀧さんと、朝ドラヒロイン経験者の田畑智子さんが演じ、気弱な内弟子を二つ目の柳家わさびさんが演じているのです。

ポンポンと売り言葉に買い言葉だけど、実は愛情深い夫婦の下、様々な師匠や弟子仲間に揉まれる青年をオドオドと演じたわさびさん、最後に化けますが(勿論、そっちが本領)、その間には悲しい話、侘びしい話、いくつかエピソードが挟み込まれます。

ちょっと欲張ってあれこれ盛り込み過ぎ、若干散漫に思われる面や突っ込みどころもありましたが、落語協会のバックアップで寄席の楽屋の様子も分かり、なかなか面白かったです。


さあて、鑑賞後は横浜橋商店街界わいで仕事している、もう一人の友人の案内で、観光コースではなかなか行かない場所にあるイタ飯屋でパスタにアンチョビの効いたソースのおいしいバーニャカウタを食べました。

その店のバーニャカウタは若い頃にお酒の席で出たスティック野菜のディップがマヨネーズとかケチャップみたいな安直なのじゃないと言う感じでしたよ。

食後は寄り道しつつ横浜橋商店街へ。横浜には何カ所か至って庶民的な商店街が有りますが、横浜橋商店街は桂歌丸師匠のテリトリーで、三吉演芸場がほど近くにあるそうです。

食品と雑貨の店が多いですが、お菓子とか化粧品がスポットで激安。いわゆるバッタ品らしいです。某自然派化粧品メーカーの口紅が希望小売り価格に比べてやたらと安いので買いましたが、店主さん曰わく「直にこのメーカー潰れるんじゃないですか」と長年の経験からの恐ろしい予言です。

家具、家電など大物も扱うリサイクルショップや、横浜橋商店街からほど近い伊勢佐木町商店街のアジアンバッグショップなど冷やかしつつ、楽しい1日を終えました。