今日は近所の友人と映画見て、美術館へ。

1000円出してみる韓国映画と、株主優待でタダで見られるのとどっちがいいか選んでもらったら、韓国映画が良いという事で、「大韓民国1%」という大韓民国の軍隊の中でも最優秀のひとにぎり(という割には性格悪い人間がいたり、いい加減なのがいたりするんだけど)に入った女性下士官の活躍を描くドラマでして・・・

映画館はおなじみのジャック&ベティ。
ヒロインのイ・ユミがセクハラや男女差別にめげず頑張る話で、訓練シーンなど色々ありますが・・・・一番印象的だったのはラストに掛かる場面。小島での訓練の帰り、しけにあって漂着したのが北朝鮮領だったために戦闘になってしまった・・・・日本で言うと、関が原を越えた日本人は西日本人に射殺されても文句言えないってのが今の朝鮮半島の状況なんだなぁと・・・

 多少、方言っぽい違いはあるだろうけど、同じことばを話す同族なのに争わなくちゃいけないんだと・・・・そんな事態を招いた責任は日本にもあるし、だいたい朝鮮戦争特需で、敗戦で荒廃していた日本が景気良くなったってのが事実だから、見ていて複雑な気分になりました。

でも、面白かった。

で・・・その後,日曜日に行ったばかりのJICAのカフェでお昼食べて今度は横浜美術館、長谷川潔展へ。

棟方さんや川上澄夫になりそうな版画家だったのが、渡仏してからドンドン作風が変わっていくのが面白く、最後は最初の頃とは全く違う繊細緻密な作風になって行く変遷が見られて興味深い展示でした。いわゆるど〜んと大作でないけれど、じっと見ていたい魅力がありました。

これ、地元紙の短期日で締め切りの懸賞に当たってゲットした券だから、気を使わないでといくら言っても「珈琲くらいご馳走しないと申し訳ない」と友人が言ってくれ、お言葉に甘えてカフェでお茶させていただきました。


 今日も楽しい1日でした♪


人気blogランキングへ