父の三回忌で鎌倉の菩提寺でごくごく内輪だけの法事がありました。

  週はじめに来たばかりの鎌倉、相変わらず紅葉はいまひとつ。どうも、最近、南関東の紅葉は色がさえないように思うのですが・・・・。去年の修学院離宮の紅葉の素晴らしさ(まだ早かったのですが、それでも透き通るような赤が美しかった)と比べると、冷え込みが不足するのか、くすんだまんま葉っぱが散っていく感じがします。

携帯から取込 001


 この画像 ↑ の紅葉は中ではまだ色がきれいな方でした。
  菩提寺の本堂での法要。石畳の上は冷えるので、内輪だけなのをいいことに、重装備。ヒートテックに貼るカイロ、靴下に貼るカイロ、パンツの下にはレッグウォーマー、和尚さまが「焼香の時以外はコートをどうぞ」とおっしゃsるのに甘えて、ぶんぶくに着ぶくれていました。

  こじんまりした本堂ですが、天井の画は美しく、仏様は金色。ほの暗い中、おごそかな雰囲気が漂います。義父の納骨の時は都会のど真ん中のお寺で、近代的仕様に建て替えられた本堂、和室だったので、冷暖房完備で快適ですが、江戸時代の木造建築ですから・・・・風情と引き換えに冬は寒いです(夏は蚊がやってきますが涼しいです)。

 ご高齢の和尚様が正装である法衣で読経されるのも大変だろうなぁと思ってしまいました(たぶん、絹を重ねた法衣はあたたかいのでしょうけれど)。

携帯から取込 002


  心あたたまるお言葉をいただいて、墓参、その後、会食。

  義姉と姪を引き連れて私は少々御成通りを案内して、オヤジ顔の猫がトレードマークの(?!)KIBIYAベーカリーで酵母パンを買って解散とあいなりました。

  パチンコ屋が出来てしまった御成通りですが、旅助旅造という蝋引きの帆布のシンプルな旅行用鞄やリュックを扱う小さな店も出来ていましたし、お手頃価格のお店や、懐かしい風情の手芸用品店などもあり、小町通りよりこっちがいいわと義姉も言っていました。

  今日は殿方が待っているので落ち着かない・・・今度、女同士、ゆっくり時間を取って鎌倉を歩きたいものです。


人気blblogランキングへ