今年もカレンダー、手帳が出回る季節になっていますね。

 景気低迷によるリストラの結果、以前のような力任せの配り放題の結果、無残にも捨てられてしまう無駄がずいぶん減ったのは景気低迷のもたらした数少ない良い事でしょうか。

 それでも、ご家庭によっては余ってしまう事があるみたいです。

 昨日、生協の店舗に行ったら、カレンダー募金にご協力ください!という刷り物がありました。

 来年度(2012年度)のカレンダー、スケジュール帳、代やリーなど、捨てるには惜しいけど、我が家では使い切れない、貰ってくれる人もいなさそうというのを店舗のカウンターや、個配の配達員さんに渡してくださいという事です。

 試しに「カレンダー募金」と打って検索してみたら、いろいろな生協さんで同じような活動をされているようです。

 以前に比べると、ずいぶんカレンダーが少なくなった我が家ではありますが、広大ではないので、若干余りそうですので、 近々生協のお店に持っていこうと思いました。
 なお、私が情報を見たのはコープかながわですが、カレンダー募金の説明を概ねこのようにしていました。

※カレンダー募金とは、家庭で使わない新年からのカレンダーやスケジュール帳などを12月にお店やおうちCO-OPの配達職員へお寄せいただき、コープかながわの店舗にて募金形式で領布し、代金をユニセフ募金とする取り組みです。

 生協以外でも、取り組んでいるところがあるかも知れませんね。

人気blblogランキングへ