今日は先週に引き続き葉山に行きました。

 おサロン料理教室の師匠がお店を開かれているのに、全然行く機会がなくて、年内にぜひ一度訪問したかったのです。

 その話をすると、母の親友がお付き合いくださるとの事。加えて、地元では有名なおそばと海鮮のお店でご馳走になってしまいました。

 私も行った事がある魚寅というお店が森戸海岸のあたりにあるのですが、そこの女将が所を変えて開いたお店が「鰹」。

 おそばの店なのにどうして鰹?と思ったら、鰹はお祝いにも使うし、縁起がよい魚だし、お蕎麦屋で鰹という名前はインパクトがあるからと、きっぷのよい女将のお言葉です。

 江戸っ子なんですね。本所からお嫁に来られたそうで、この秋一緒に京都に行った友人と同じ、江戸っ子言葉でポンポンとおっしゃるのが小気味良いです。
 住宅街の分かりづらい場所なのに、お昼時は賑わっていました。

 まずはお刺身。朝あがったカワハギ、透き通ってぷりぷりです。カワハギって、皮剥ぎなんですね。本当にきれいに皮が剥がされていました。

 こりこりのサザエやマグロ赤身なども盛られ、自家栽培の刺身のつまの大根がしゃきしゃきして美味しかったです。

 おそばは10割のぶっかけ。シラス、生わかめ、半熟玉子、削り節などを乗せたおそばに一番だしをかけていただきます。具だくさんでおなかがいっぱい。そば湯は濃くて、スープみたいでした。


 我々は遅めに行ったので、ほかのお客様が引けてからの女将のお話はとっても面白くて、いろいろな名士の方たちとお会いする機会があったそうです。徳川さん、北白川の宮など、余裕があるジェントルマンだったそうで、それに比べて・・・といまどきの人たちのぎすぎす、人情味の無さについては非常にお嘆きでした。

 もっとお話を聞きたかったけれど、師匠のお店も行かなくてはなので、まずは鰹のほど近くにある有名ベーカリーのブレドールでパンを買ってからしゅぱ〜つ!

 師匠のお店、コンパクトですが、とっても居心地の良い感じ。クリスマスツリーやギフトがゆめゆめしくディスプレイされていて、肩の凝らないさくっとした、でも、きちんともしていて、信奉者が多いのが分かるセンスです。

 母の親友はちょっとしたお使い物にと、いろいろなものを買われましたが、私はもっぱら自家用。ジャムやクッキー、そしてぽっかぽかになるというジンジャー紅茶など。スイス製のど飴も買いました。







 その後、おばさま宅でお茶とおしゃべり。ブレドールで買ったアンパンとポンカンをいただきました。



 どうも、今年のクリスマスはいつになく、ご自分ギフトをしてしまってますね〜。(^^ゞ

 昨日の夕方、フェアトレードのアルパカのベストが到着しました。実は考え直して、1着のみならず、2着も買ってしまったアホです。だって、かわいいんだもん♪のジャガード編みです。



 丈がたっぷりで、腰回りカバーしてくれます。


 これで、今年のごほうび買いはおしまいで〜す(のつもり)。


 画像抜きですが、そして、とっても冷え込む日でしたが、今日も楽しい1日でした。 

人気blblogランキングへ