またこの記事をしばらくの間1番上に来るようにさせていただきます。

 ご覧いただきまして、ありがとうございました。20日必着に合わせ、署名送付いたしました。

 先月27日締め切りの中部横断自動車道へのアンケートにご参加くださいました方、ありがとうございました。

 地元有志の方たちが、南麓を通る高速反対の声を国交省及び審議会委員に届けるとのことで、このページにダウンロード出来る用紙があります。

 用紙の下には送付先も記入してありますので、ご賛同いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひアクセスしていたただければと思います。

 今月20日必着との事です。
  私も勿論、参加しましたが、やはりアンケート内容は、高速建設に向けて恣意的な表現がされているなぁと感じました。

 たとえば、国道141号線改良案も併記されてはいたのですが、そちらを実行した方が環境破壊が進むと言うニュアンスが強められていました。
 
 普通に考えれば、既存の道路を改良する方が、何もないところに道路を造るよりは環境負荷が少ないはずなので、頭をひねってしまいました。

 ましてや、現地の様子を知っている身としては、どう考えても、南麓を分断する新設道路の方が環境は勿論、景観を損ねることが確実なのに、と思わざるを得ません。

 つまり、地元の様子をよく知る人の答えは期待せず、当地を通過するだけで、実態をほとんど知らない人たちが字面だけ見て高速道路に賛成したくなるような設問になっており、そういう人が多数となる事による高速道路推進を目論んでいるなぁと思わされました。

 
 もうじき1年を迎える東日本大震災の人災的部分も、目先の利益をあげて、真実を伝えないという、これと似たやり方で通して来た結果なのだと思うと、八ヶ岳南麓でも、今、声をあげておかないと、後悔してもしきれない事になりかねないと強く思います。


人気blogランキングへ