8f1142e1.jpg
今日は大阪の天王寺界わいに生まれ育った生粋の浪花っこの友人主導のたこ焼きパーティーでほわっほわでぷりっぷりのたこ焼きを心行くまで食べました。

大阪人の家にはたこ焼き器があるという大阪人度判定基準があるそうですが、友人のたこ焼き器は一度に三十個焼けるタイガー製(そう言えば、確かタイガーも大阪のメーカーだったかと思いますが)。

手際のよい事! 自宅を提供してくれた友人の豪華なオードブルやおいしいスープにデザートの杏仁豆腐に差し入れの自家製塩麹の漬け物などなど、豪華豪華。

私は持参の缶入りマッコリでほわ〜ん。
一休みののち、友人宅はおうち編み物カフェになりまして、モチーフ編みのご指導を手芸カフェする友人から賜りました。

私が小学校位までは服やセーターは買うより作る方が安かったので、戦前生まれの女性の多くが、一度ほどいて子どものセーターを編み直したり、残り毛糸で何か作ったりしていたもので、母も残り毛糸でモチーフを編んではためていました。

中学生位で、編み方を教えてもらい、何枚か編みましたが…………あれから幾歳月、長編みのやり方もすっかり忘れているのに驚きました。

ところが、途中から手が思い出してくれました。一度乗れた自転車が、ずっと乗っていなくても、少しの練習でコツを思い出すようなものですね。

ひとつ、子ども時代との大きな違いは、すごく目がゆるくなっている事!

もちろん、老眼のせいもあるでしょうが、どうやら年を重ねるうちに、何でもユルユル、65点取れりゃいいぞ主義になったのが、編み目に現れたようです(^^ゞ


家に帰ったら完成しないぞ!でゆっくりして大丈夫という友人の言葉に甘えて一応完成させました。

先日のバラの刺繍のおさらいもしていません。モチーフ編みもこれっきり?!(^_^;)


何はともあれ楽しくおいしい1日でした。v(^-^)v


人気blblogランキングへ