祖母に似たんですかね。一度ハマるとしつこいんです。

 祖母の場合、人形作家として、人形を作るというメインの手仕事は別として、例えば、サンジェルマンのパンダ蒸しパンにはまるとず〜っとそればかり。小川軒のレーズンウィッチにはまるとず〜っとそればかり。八ヶ岳に行ったら、手近で買えるヤマザキのバナナケーキばっかり・・・って感じでした。私は食べ物にそこまでハマりはしないのですが・・・。

 そもそも、小人閑居をして、パソコンをしちゃうで、体調が悪くなる、時間はずるずるになる(って今もやってるじゃん(^^ゞ)ので、手づくりをするというのは、なかなかいいじゃんと思っています。編み物が上手な友人が、最近ひまがあれば、編んでばかり、作品が出来るのが楽しみと言ってる心境が多少なりとも分かりました。

 カメラが捉えた狸なお腹のポンチョスタイル。鏡を見ると、結構イケるんですよ(笑)。うぬぼれ鏡ってやつでしょうね。

 材料がいいとやっぱり映えるものですね。

 ところが・・・今日、突然着手した材料はどど〜んと格落ちです。

携帯から取込 011
 この布地、実家の整理をしていて出て来たものだったかと思います。2枚のハギレ。

 思いますと断定出来ない程放置されていたのは、中途半端なサイズでどうしようもなかった上、素材が化繊の透ける系で、技術&センスのない私には手の施しようが無かったからです。恐らく、母が実家の界隈のハギレを売っている店で買って来て、何かにしようと思っていたのでしょうね。

 私自身が結構好きな色、柄だった上、母はきっとこの布で何か作りたかったんだろうなぁという思いもあって、断捨離!なんて出来ませんでした。

 高橋恵美子先生のポンチョって、袖付けとか要らないから、やってみようか?と思って、型紙を当ててみました。

 幅はちょうどぴったり。でも、長さが足らないんです。しかも、2枚をぬいあわせたら、なおさら長さが短くなるのは明らか。

 でも、やりたいぞ〜! 寸足らずでも通じるデザインなのか、やってみよう!

・・・・という訳で、市民図書で水村さんの本も借りたりしましたが、見向きもせず、またまた午後からちくちくはじめました。(見向きもしなかったのは、魅入られてしまったら、針が進まなくなるから(笑))



 てろてろつるつるする化繊を扱うのは初めてですが、手縫いの強みは、ミシンと違って、手で押さえながらの微調整が効くこと。また、ちょっとうまく行かないと思ったら、直ぐにほどいたり戻れるところ。薄手の化繊にミシンを掛けてしまってからリッパー使って糸をほどくと来たら、考えただけでも悲惨ですからね〜。

 材料もあり合わせなので、かなりアバウト。先生がご覧になったら叱られてしまうかもと思いつつ、まっ、いっか〜状態でちくちくちくちく。ちょっとずれたりするのは御愛嬌だ!(着るのは自分だしね。恥も引き受けます)

 おおよその部分は夕食の前に出来て、最後の仕上げは大英博物館の1時間特番を見ながらなので、結構手元を狂わせて1、2度ほどいたりしつつ、何とか作りましたのがこれ!

携帯から取込 012


 かなり丈短めで、ギリギリです。白いのは十分腰を覆うだけの丈がありますが、こちらは下手したらおへそが出ちゃうぞ〜状態です。

 今度は狸人間抜きでハンガーに掛けて、冒頭に書いた編み物にハマり中の友人が材料費だけで作ってくれた手編みのネックレス(これがいいのよ、軽くて。コーラル色は割と何でも合います)をつけてみました。

 白いのと、新作とで、とっかえひっかえまたしてもファッションショー。結果、白いのはベージュのパンツや黒いロングスカートに合うと分かり、新作はジーンズ生地のカプリパンツとか、短い丈のパンツに合うと分かりました。つまり・・・新作はやっぱり普段着ね(笑)。

 化繊ですが、風通し良いので、肌にまとわりつかない分、涼しいかも?と期待します。

 まぁ、今日が非常に涼しいので、暑さを感じないだけかも知れませんが・・・。


  大英博物館の特番では、面白かったのは古代エジプトにも異様な書き魔がいて、彼の残したものから庶民の生活が、さほど悲惨ではなく、結構楽しんでいたらしいと分かったというくだりでした(庶民としては最高のお仕事「書記」になれた彼。遺跡の壁にもサインしまくっている、相当な書き魔というか、単なる目立ちたがり?)。今と全く同じような勉強や親孝行、果ては上司に関するご教訓があったり、ラブレターがあったり、人間ってそう変わらないものだなぁ〜と思いました。

 いやはや、私たちが今ネットを通して書いている物、後世に残るのでしょうか? そして、未来の人間、あるいは宇宙人が「21世紀の日本は、悲惨かと思っていたら、庶民は結構楽しんでいるようだ」と語るのでしょうかね。

 私のブログを見たら「21世紀の日本の女性はすごいケチだった」と言われそうですね(笑)。

 じっつは、この新作ポンチョブラウス、生地もタダモノですが、襟ぐりとリボンに使ったバイアステープは、リサイクル手芸のエプロンに使ったバイアステープを再々利用なんですよ。(^_-)

人気blblogランキングへ