チンチラのゴマの歯を削って貰うために、月に一度の定例でペットクリニックに来ています。

わんにゃんと違って、エキゾチックアニマルと呼ばれるチンチラやフェレットのような小動物を診てくださる獣医さんはなかなか見つからず、インターネットで探してのご縁でした。

結果は大正解で、ほかでは麻酔が必要と言われたものを、麻酔無しで削っていただけるから、体力の消耗度合いが断然違い、シニアチンチラながら、まだまだ元気なゴマです。

で、このペットクリニックが信頼出来るな〜と思えたのは、先生の腕前はもちろんですが、診療所内の雰囲気。

あたたかみのある雑然さなんです。掃除はきちんとされているけど、ちょっぴり雑然として、例えば患者の飼い主さんかららしい飾り物などがパラッと置いてあったり、在庫のペットフードが見える収納で積み上げてあったり。
私のような、キッチリ、すっぱり、サッパリが出来ないタイプは、多くの人と接する仕事なのに他者の好意を受け付けず自分のセンスだけで突っ走っている感じのクール過ぎるインテリアや、あまりに片付き過ぎたショールーム、先端的オフィス状態って、落ち着かないのです。

端的に言ってしまうと、医療機関の場合、あまりに内部スッキリ、クールだぜ〜!と言うところだと、とてつもなく高い請求書が出て来るのでは? 先生は機械的な仕事をするドライな人柄ではあるまいか?などの妙な想像が浮かび上がってしまいます。

さりとて、だらしなさそうに物がごちゃつき、掃除がされてないなどの不潔なのは、それはそれで心配だし、居心地も悪いのですが………。

先鋭的過ぎない、人間味って、だらしないとは一線を画したあたたかみのある雑然さの中に感じます。

私のようなタイプが家の中を整えるにあたって目指すべき、目指せる方向はそれかな〜と思います。


人気blblogランキングへ