昨晩発ち、未明に八ケ岳に着きました。八ケ岳も湿気がすごく、ベタベタです。高温ではないのが救いです。

午前中はのんびり過ごし、午後は映画「白磁の人」で感銘を受けた浅川巧と、その兄伯教を顕彰する記念館に行きました。

近くにあると、いつでも行ける、で何年か前に開館したのは知っていましたが、未訪問でした。

映画では浅川兄弟と民芸運動の柳宗悦との関係は描かれていましたが、資料館を見て、初めて浅川巧の未亡人とお嬢さんが、京都の民芸運動の陶芸家、河井寛次郎のもとに身を寄せて、その後、東京の駒場にある日本民芸館に勤めたとありました。兄伯教の資料には、確か同じく民芸運動の陶芸家、富本憲吉の名前もあったかと思います。

祖母も母も民芸が好きで、私は子ども時代に日本民芸館に連れられて行きましたし、学生時代には母に連れられて、京都の五条の河井寛次郎記念館や奈良県安堵村の富本憲吉記念館に行きました。

マイ京都ブームにハマった数年前には、ひとりで河井寛次郎記念館を再訪しましたし………
しかし、何たる灯台下暗しだったのでしょうか。

祖母も母も大好きだった民芸運動に多大な影響を与え、弟の死後は家族が民芸運動の関係者に支えられた兄弟が、八ケ岳南麓に生まれ育ったとは、多分知らないままにいってしまいました。

私はずいぶん回り道をしてご縁が出来た訳で、遅ればせながらちょっと幸せな気持ちになりました。

ついでに言うと兄弟それぞれの死に追悼の言葉を贈った安倍能成は母の親友の伯父上で、その能成さんの経歴を読んで、もしかしたら、祖母の兄が医者の跡を継ぐ道を捨て、尊敬する学者が行ってしまった京城大学に追いかけた、というのは安倍能成さんの事だったのだろうか………などなど、巡り合わせの不思議を感じました。

こじんまりした展示ですが、コンパクトによくまとめてあり、企画展のメイキング特集も興味深く(推測通り、映画冒頭シーンは県営牧場でした)、かなり丁寧に見ました。

午前中の地元局(TBS系列)の県内映画ランキングは見事二位。資料館も入館者が1.5倍と言っていました。

その後、資料館と同じ建物内の図書館との共有の開放的なホールでゆっくり新聞を閲覧。

こういうのんびりしたペースで過ごすのも良いなぁ。

経済番組で紹介された地元のすっかりおしゃれになったスーパーで刺身など買って、我が家基準では豪華な夕食も楽しみ、今日は早く寝ます。


おやすみなさい!(^-^)/


人気blblogランキングへ