b9db45cd.jpg

811d5409.jpg

1af09df3.jpg

895027c8.jpg

今年の暑さは本当に堪えました。接骨院のゴッドハンド先生が、夏の暑さによる不調が噴出して、大勢が体調を崩しているとおっしゃってましたが、私もどっと疲れが出たのか、昨日で満足したのか、今日はあちこち動く元気なく、奥村土牛記念美術館で購入した絵はがきを早速使って書いたお便りを出しに近所をちょっとだけ歩くのにとどめました。

郵便局に行く途中でちょっと寄ってみたのが、今やバス停に毛が生えたミニミニ駅、私のハンドルの由来である甲斐小泉駅です。

かつてあったトイレも撤去されて、非常にこざっぱりしています。日本の鉄道運行時刻が正確だから、二時間に一本程度に合わせて出りゃトイレ無しでオーケーって事かな?

いざとなったら、平山郁夫シルクロード美術館に駆け込む?!

  休館日はヤバいぞぉ……と言う結構真剣だが一応冗談はさておき(駅から少し離れますが、美術館の第2駐車場そばに公衆トイレが有ります)、この美術館が出来てから、寂れる一方だった甲斐小泉駅界隈にささやかな活気がもたらされ、ありがたい事です。

入館料がそれなりなので、たまにしか行きませんが、徒歩圏に美術館があるのって嬉しいし、それが二十代に主にチベットを描いたシルクロードの画を見てから好きになった画伯の美術館ですから、増してや嬉しいです。

甲斐小泉局は土曜日はATMもお休みで、郵便局の集配も日に一度だけです。もし困るなら小淵沢なり大泉なりの大きめな局に行けば良いからさほど不便でもない、というのは路線バスが撤退せざるを得ないほどの車社会の地域ならではでしょうね。

夏休み以降少しだけ変化があり、長らく休業していた駅前立地の地元の何でも屋さん的商店が、農産物売り場として開いていました。

かつてあった冷凍冷蔵ケースや棚など何も無く、土間に木製の八百屋さんの陳列台みたいなのがあるだけ。至ってシンプルなのは、恐らくは観光シーズンだけのお試し営業の為ではないかと想像しました。

平山郁夫シルクロード美術館併設のカフェは最近リニューアルしてフレンチカフェとなり、ランチは二千円以上の我が家的には縁遠いお値段になりました。お手頃価格の時に一度位行けば良かったわ〜。

家の近くの道路端できれいな白い花を見つけましたが、我が家の山野草ポケット図鑑では見あたりません。葉の形から見るとユリ科でしょうか?


洗濯と炊事以外な〜んにもしない寝て曜日もたまには有りでしょう。