・・・ってウィキペディアを読むと、もはやこれが犯人とは言えないんだそうですけれど。

携帯から取込 006


 今日も午後一番からテレビっ子。メダリスト・オン・アイスを見ていたのです。ようやく涼しくなってきたので、部屋の片づけをしつつだったので、ところどころ、後から見なくちゃ状態のところはありましたが、さすがはメダリストたち。流麗な演技でしたね。荒川さんの精進ぶりは、今年何回か拝見していますが、引退してずいぶんになるのに、演技の質が落ちるどころか、輝きを増しているのが素晴らしい。優勝おめでとうございました。

 本田さんも惜しくも表彰台は逃しましたが、日本男子スケート界を引き上げた功労者。コーチとして登場する時は大人の男性!って感じなのに、氷上で演技する時は少年みたいでかわいいですね(って、自分よりはるかに年下なんだからかわいくて当たり前なんだが、やはりその道を極めた人というのは年齢の如何を問わず、貫禄というか、年を食ってもいつまで経っても若輩状態の私から見ると、「大人」に見えるのです)。

 小塚君の師匠、カート・ブラウニングの雨に唄えばもとっても楽しいプログラムでした(おおっ、ジーン・ケリー!って感じ)

  大ベテランから引退したてホヤホヤ、もしくは選手継続中かどうか考えているスケーターたちによる競技会ですが、競技会というより、ショーのような楽しい構成でした。

 スケートを堪能したあと、 午後、買い物に行く途中で久しぶりに見たのが、セイタカアワダチソウ。

 先週から突如、秋の花粉症が始まり、土曜日、カレーを食べに行った時なんぞ、手持ちのティッシュを使い果たす程、鼻ぐすに悩まされました。秋の花粉症の原因はブタクサ(ヨモギの一種)とか、イネ科の草らしいですが、でも、セイタカアワダチソウを見ると、このせいか?とついつい思ってしまうのは、その昔の俗説のイメージが強いからです(その割にはそばまで近づいて写真を取って、でも、くしゃみも鼻水も出ないんだから、やっぱり冤罪だわ)。

 ソリダゴの一種で、アキノキリンソウと親戚ですが、いっときすごい嫌われ者でしたよね。今は数が減った事もありフラワーアレンジメントなどにも園芸種が使われる事があるみたいです。

 いくらなんでももう残暑はないだろうと思いつつも、10月になっても汗ダラダラな思いをしたもので、狼が来た!の気分です。とはいえ、視覚的には夏のしつらえはそろそろそぐわなくなってきたので、食卓の座布団カバーを夏物から合い〜冬向けの赤系ソフトデニムのに取り替えました。玄関マットも夏っぽいものから冬バージョンに取り替え。

 衣替えは・・まだする気になりませんが、そろそろ用意しないとかも知れませんね。


 さ〜て、そろそろノーベル賞の結果が気になりますね。がんばれ日本!をここでも。

追加:今NHKの臨時ニュース字幕入りました。ips細胞の山中教授、受賞です。おめでとうございます。やったぁ!ヽ(^o^)丿

人気blblogランキングへ