2f1a03ab.jpg
中学の時に亡くなった父方の祖母は秩父小町と呼ばれていたとか言うし、祖母の兄弟の若い頃の写真はみんな美形でした。

が、最近の我が家は美男美女とは縁遠い一家ですよ〜。


そんな我が家で随一のイケメンと言えば、何たってゴマです。パッチリお目目に、ピンと立った傷一つ無い耳、フサフサの尻尾はウサギとリスのいいとこ取りだと思います。

元気いっぱいのゴマもシニアですから、飼い主の私同様、ドライアイ、たまに結膜炎。何だか背骨がゴツゴツ骨ばって来ているところまで似ています。(^o^;)

しかし、最大の違いは、私の歯はすり減るばかりなのに、ゴマの歯は伸びると言うところ。

ウサギもそうらしいですが、げっし類と呼ばれるラブリーなペットは、しばしば歯が伸びすぎ、健康を損ね、下手すると顎を突き破る事すらあるそうです。

若い頃と違って、かじる事が減るシニアの中には定期的に歯を削る必要が出て来るものもいて、ゴマはまさにその状態です。

エキゾチックアニマルとも呼ばれる非犬猫のペットをきちんと診られる医院は余り多くない中、インターネットのおかげで、本当に良い先生と巡り会え、だいたい月に一度はクリニック通いしています。

前回から四週間、今回は通院し始めてから初めて奥歯がきれいに整っていたそうです。

奥歯が伸びると、小さなペンチみたいな器具でパチンと挟み切らなくてはで、治療中、口を開ける金属を差し込まれていると、やはり疲れるみたいです。治療時間が長い時はくってりしてしまう事も有りますが、今日は比較的短時間で済み、その分、毛玉になった毛をバリカンとハサミでカットしていただき、男前度アップ!?(^O^)


人気blblogランキングへ