今日は友人が車に乗せてくれまして、昨日都内に遊びに行った友人も乗せてもらって3人で三浦半島ドライブでした。

 友人のお目当てが「うらり」というお魚の買い物が出来る施設。以前、まぐろを買って良かったんだそうです。

 漁港だぁ!という雰囲気の場所に、電車に乗ったら、都内から1時間半以内で到着ですね。それが神奈川県の好きなところです(って、多分、千葉県だってそうだよね・・・やっぱり生まれ故郷の地域なので、身びいきですわね)。

携帯から取込 003


携帯から取込 004


 私、正直なところ、お魚にかけては目利きとは言い難いです。ですが、友人たちが目利きなので、ヒントをいただきつつ少々お買いもの。冷凍もののマグロがお安いです。刺身にも焼き物にも使えるという切身と、手巻き寿司や丼物にいいというさくを3袋1000円なり〜で買いました。他にも正月用数の子(これは各店共通価格で1050円のようです)やわかめなども買いました。

 ツアーバスのお客様も来ているようです。アメ横ほどの混雑じゃないから、買いやすいですし、お店の人も出来るだけいい品を買えるようにしてくれます。

 ちょっと上ずったモードにギアが入るし、観光モードも入るから、若干、しまったってお買い物もありました。産地みないとだめですね〜。国産の品物ばかりじゃないです。桜エビは駿河湾産ではございませんでした。安いから仕方ないかなぁと最終的には納得しますけどね。なお、マグロの加工品は観光向けでお安いとは言えないものもございました。主婦はシビアだから、試食したからと言って、必ずしも買わないのよ〜。

 駐車場は有料ですが、お買いものをすると駐車券を1時間単位で出して貰えるそう。友人、しっかり粘って2枚ゲット。よって、公設市場(三浦市三崎水産物地方卸売市場)の上にある、よくテレビに映るという食堂(三崎水産物地方卸売市場食堂、通称三崎食堂)まで歩いて行ってランチ。

携帯から取込 002


 三浦の恵丼というメニュー。かま揚げしらす、まぐろぶつ切りにとろろ、三浦キャベツのコールスロー、青い卵(卵かけご飯用)などなどで、ど〜んとボリュームありました。1200円なり〜。

 多分、こちらは観光客向けなのでしょうね。地元で働くみなさん用にはカレーとかうどんなど、お手頃価格のメニューもありました。

 再び「うらり」駐車場に戻りました。背後の建物が「うらり」です。かつて使われていたらしい二階は今は一般人は入れないスペースになってるようです。

携帯から取込 007


 牧歌的な雰囲気の場所を通りつつ、大根直売場に友人が寄りました。ここで「紅芯」という蕪みたいな見かけで、中が美しい紅色の大根をひとつ買うべし!と友人の勧め。すると、何と、「ちょっと待ってください」で売り場のおねえさんがケットラ(軽トラ)に乗って、向こうの畑に出かけて、抜いて来た、まさしく取れたての大根を売ってくれました。道路隔てた畑はこんな感じ。

携帯から取込 008


 その後、またまた友人が行ってみたかった人気スポットという「すかなごっそ」という道の駅に連れて行ってくれました。すかなごっその意味は・・・調べてませんけど、多分、横須賀の「すか」に菜っぱの「な」、そしてご馳走を「ごっそ」としての合成ネーミングではないでしょうか? 三浦半島は横須賀市と三浦市がひと続きで、この施設は横須賀市にあります。

 すかなごっその周りも畑の田園風景です。販売しているものは野菜が多いけれど、県産のお肉が有名なんだそう。他に他県のお肉などもありました。私は、最近夜遅くまでバイトに励んでいるお肉大好きな二男用に県産のステーキ2枚を買いましたよ。ほかにみかんとブロッコリーとキャベツ、サラダ菜なども買いました。やっぱり安いです、野菜。さすが産直という感じです。

携帯から取込 010


 最後のお楽しみに地元の牧場産ミルクを使ったバニラと紫芋のソフトをぺろり! このソフトクリーム、横須賀の菖蒲園で食べたのと同じだと思います。さっぱりしていてくどくなくて美味。

携帯から取込 009


 かくして、昨日は都会の、本日は田園のお楽しみで、連日楽しく過ごしたのでした。

 ふ〜、満腹じゃ〜!

人気blblogランキングへ