シネマ・ジャック&ベティで週末から上映の「ハーメルン」。今週はばたばたしていて、来週は上映時間帯が夜。なので、今日しかないでしょ!で見に行きました。

 舞台が奥会津。

 昨晩の大河ドラマで会津に心を寄せながら、とうとう会津に戻らずに死を迎えた山本覚馬を演じた西島秀俊さんが現代青年の役で主演というので、見たいという方も多かったのではないでしょうか? シネマ・ジャック&ベティでいつでも1000円シニア料金でご覧になれる層を中心に、月曜ながら、結構人が入っていました。

 この映画、とにかく、画面が美しいのです。

 廃校になった元小学校の周囲の木々。紅葉にイチョウの黄色。その中で、校舎を一人でこつこつ修理しながら暮らしている元校長先生。とても品のいいおじいさまです。

 そこへ県立博物館の調査員として、西島さん演じる野田が現れるのですが、彼もこの小学校の卒業生なのです。でも、割と屈折したかわいげのないタイプだったみたいで、冒頭のシーンでは、小学生の彼が、担任の律子先生が鳴らすからくり時計に群がる子どもたちから離れてポツネンと座っている姿が描かれています。

 このからくり時計で出て来る人形たちがハーメルンの笛吹きなんですな。

 大河ドラマでは苦難に満ちた人生を送り、叡智の塊のような山本覚馬を演じた西島さんが、どこかに子どもの面影を残す、澄んだ瞳の青年を演じています。
 廃校の小学校は、地元の人たちの集会や趣味に使われているようで、へたくそなジイサンブラバンチームが出入りしています。

 ここまで下手に吹くのはかえって大変だろうなぁと思うほど、へたくそな演奏が静かな山奥で、のどかな音を立てているのがなんともいい味わいを出しています。

 村役場の職員仲丸が野田のかつての同級生と分かり、律子先生の娘がやってる居酒屋へ連れて行かれます。この娘が倍賞千恵子さん。

 自分の事を覚えていないと思って通り一遍の挨拶しかしなかった校長先生は、野田の事をしっかり覚えていました。

 律子先生は夫に裏切られ、そのことで、娘とも絶縁状態。その夫は一人、古い元映画館に暮らして、偏屈を貫いている様子。資料集めで野田と仲丸は足を踏み入れます。

 小さな村の人間模様が、淡々と描かれていて、派手さはなく、これぞ結論だ!というのもないので、とらえどころないとも言えますが、けたたましさや、声高な主張がなくて、静かに流れる時間を感じさせる、心に染み入るタイプの美しい映画です。賠償さんの歌声も聴けました。

 刺激的なものや情報過剰に疲れている人にはお勧めですよ〜。


 伊勢佐木町のカルディでメープルシュガーと無塩のミックスナッツを買って帰りました。



 メープルシュガーって、液ダレでフタや周りがべとべとしないし、冷蔵庫での保管も不要だし、使い勝手が良いのです。

人気blogランキングへ