普段、雑誌はめったなことでは買いません。増してや、ファッション記事や手に届かない高級品ぱかりの雑誌は、借りるもので、never買わないで来ました。

  しかも、これ、重たいし、美容院でも、待つ時は手に取っても、ヘアカットで座ったら、はい、と戻す雑誌です。
 だけど、書店で、これ見つけた時、思わず、しめた!でした。

image


  そう、佐村河内氏のゴーストライター事件で、すっかり回収されたはずの、彼の、と称された高橋大輔選手の今期のショートプログラムの曲が目玉として収録された「氷上の名曲」CDが付録で、佐村河内氏のインタビューつき、という号なんですな。

   書店でしばらく迷いましたよ。二冊しか残っていないで、結構手に取られた形跡がありありで、ページの隅に癖がついているし、裏表紙にはスクラッチ。そして、先述の理由で、本来は見るだけ本のジャンルに属していますから。

  でも、こうなった以上、急遽の限定版です。今買わないと、多分二度とチャンスは無いでしょう。

   正直なところ、私の知らない媒体でも、ケチョンケチョンに叩かれているらしい佐村河内氏の断崖から落ちる間際のコメントを見たいという野次馬根性が、無いわけではありませんでしたが、やはり、ヴァイオリンのためのソナチネはしばらくは聴けないだろうというのもありました。
  
   そして、何よりも大きかったのは、このCDの曲は、先月の台北への往復のANAで聴いて、崇彦さんの感動のフリープログラムのロンドカプリチオーソが入っているからです。


   実は、家中のCDプレーヤーはおばかになっているんですが・・・・・(^^ゞ


  そして、もうひとつ、日頃のオマケに釣られるなんてさ論と全く矛盾しているのですが、こんなオマケが一組だけ残っていたから、しっかり貰っちゃいました。

image


  いいんだ、いいんだ、来年の正月の祝い箸にするのさ、とか、心の中で言い訳しながら(笑)。


   さーて、CDプレーヤーどぉしようかな?

  安物を買うか、カタログハウスのBOSEのちっこいのを奮発するか、ウダウダウダウダ・・・・

   というような時は、本来絶対に買ってはいけないお買い物てしたが、ポイントで貰った図書カードだし、究極の限定に負けましたっ!