昨日買った宇津木式の本、速攻読了しました。



 だいたい、〇〇美容法の類は、何かしら買い足さないとダメというのが多かったりするのですが、宇津木式の場合、真逆で、捨てろ!なんですから、こんな簡単なことはないのであります。

 買えと言われれば反発するやつですが、捨てろ(厳密にはすてましぇ〜ん、様子見をして、もし合わない時は戻せるように使いかけはキープです)ならばいいやと、さっそく昨晩の入浴後から試してみました。
 いつもは、入浴後、今年初頭からはまりものの手作りゆずの種子化粧水をつけて(これはゆずの種を焼酎に漬けただけ。宇津木式で言うところでは最も負担が軽い方かも知れませんが、それでも乾燥の素なのでしょうね〜)、その後、アプリコットオイルを気になるぶつぶつ(これは老廃物の塊らしく、目の周りとかに出来る加齢現象らしいです)を中心に塗り込んで・・・・最後にクリームを塗っていたのですが、や〜めた。

 昨晩は、出来るだけ低めのお湯(にしたつもりだったけれど、あたたかく感じたという事は、宇津木式ではNGの体温以上の温度だったようです。失敗!)で顔を洗って、タオルで押さえて寝ました。

 唇は宇津木先生のおっしゃる乾燥の原因はなめる癖と言う通りで、何かしら唇をなめる癖がありまして、どうしても荒れてしまうのですが、昨晩は通常通りのオリーブオイルが主原料のナチュラル系のボディクリームを塗り、マスクして寝ました。

 ナチュラル系コスメだって、決して良くはないよ、オイルは界面活性剤た〜ぷりの従来型コスメから思えば安心だけど、それでもオイル焼けがある、マスクは皮膚がこすれる、などなど、NGと書いてあるのは読みましたが、鼻炎もちで、寝ている間に無意識にしてしまうらしい口呼吸でのどを痛めるので、マスクは必需品状態です。そして、唇がガサガサすると安眠妨害なもので・・・。

 洗顔後な〜んにもつけない肌は、心もちかさつく感じはしましたが、かさついて気になって寝られないというほどのことはありませんでした。

 起床!

 額や鼻など、もともと脂が多いと言われてる部位は何事もなく、ほほ、特に目のまわりはかなりしぼんだ感じでしたね〜。(^-^; なんか、一気に小じわが増えた感じです(大汗)。
 
 そして、長年の鼻炎で鼻をかみ続けるという刺激を与えた結果、5年くらい前からローションティッシュ以外使えなくなり、しばしばかさつく鼻の下は存外、平気でした。

 しっとりというのはいいことじゃないという宇津木式。さらさらがいいのだそうでして、その弁で行くと、さらさらに近いのはほほの下の方でした。

 さすがにツッパリ感があるので、宇津木式で唯一ご推奨の白色ワセリンだけ買って来ました。普通の化粧品に比べたら、うんとお安いですな。旅行など持ち歩きにもよさそうだし、まずはお試しと小さいのにしました。



 手で取ってはいけないそうで、綿棒でほんのゴマ粒くらいを取って、どうにも我慢できない箇所に、まず手のひらで広げてから、やさし〜く押し当てる感じで使うそうです。

 宇津木式では「連続15分未満ならば、紫外線を浴びるのオッケー。なぜなら、日焼け止めは皮膚に悪いし、紫外線は骨を丈夫にするし、あまりに過度に避けると、骨粗しょう症を招き、老け顔になる」という事なんですが、私のように、外出する都度、駅まで25分以上歩く=紫外線を浴びるのが常態になっている人間はどうしたらいいんだ? ましてや農林水産業に従事したり、フィールド競技のアスリートはどうなんだぁ?という疑問はあるのですが・・・。

 大量生産が出来ないのでお高いという宇津木先生肝入りの安全度が高い日焼け止めを入手する前は、粉をはたいてUV対策という事で、友人がくれていたオンリーミネラルの粉をはたき、ず〜っと以前からやっている通り、帽子、ミテーヌで、紫外線は脚で受け止めることにしてお出かけしました。
 
 夕食後、今度は出来るだけ体温より低いと思われる温度にした「ぬる水」で顔を洗いました。おっと、お粉をはたいてますから、せっけんを利用。混ぜものなしの純せっけんの浴用・洗顔石鹸がないので、とりあえず、防腐剤はないこれをいました。



  その後、顔をタオルでやさし〜く押さえて、ちょこっとだけ目の下のほほ(今朝かなりかさつきが気になって、こじわが目立った部位)に綿棒で取ったワセリンを当てました。

 ワセリンの伸びが思ったほどよくないのは、まだ慣れてないからかな?

 どうしても、唇をなめてしまう癖を何とかしなくちゃぁと思います。

 もともと化粧品信仰がない方で、1本〇万円の〇〇と聞かされても「それって、宣伝料があらかたでしょう?」ってな覚めた目で見ていたし、皮膚科の先生やら、美容研究家の言動も「それって、企業ヨイショでしょう?」とか「皮膚から美容有効成分が吸収されるって怪しくない?」って目で見ていたので、やめろ!と言われても、困ったと思わないやつです。

 ただ、宇津木式を取り入れると、最初のうちは相当荒れたり、角栓が目だったり、いろいろと思わしくない事態に遭遇し、人によっては、最長10年以上もかかるそうなので・・・どこまで我慢できるかですね〜。

 肌の手入れに身を入れていなかった分、比較的早く、効果が出て来るだろう・・・・と希望を抱いていますが、あくまでも希望なので、はてさて?

 また経過報告いたしましょうね。

人気blogランキングへ