朝、突然、近所の友人から「スワニー行かない?」とメールがありました。

 スワニーとは、鎌倉にある有名な布地・手芸関係の店であり、手芸上手、運転上手な友人が誘ってくれたのでした。

 昨日は、おとといの土曜にお参りに行ったおばさまと、もう二度と会えないのだと、じわじわと寂しさが来まして、結構気分がどよ〜んでしたので、ホイホイと乗りました。

 4人乗りなので、友人の許しを得て、二人の友人に声をかけたら、編み物名人が近隣の靴屋に修理をお願いしたいのでと同乗となりました(スワニーは糸の扱いは、縫い糸やミシン糸だけであります)。

 開店してすぐに行ったので、いつも混み合う駐車場にはまだ空きがありました。あるいは、あまりの暑さで人出が少ないのかも?

 何しろジリジリと暑い、鎌倉も灼熱だぁという感じです。
 
 スワニーは駐車場料金6000円以上のお買い物で2時間なので、3人それぞれのレシートを合算です。

 手芸用品や布地って、ともすれば、ため込んで手つかずとなる恐れがあるので、結構躊躇しましたが、トートバッグを作ろうかと思っているので、持ち手を買いました。材料は楽天の1080円/5枚の格安布地で、それに対して持ち手が1380円とは笑えますよね。革製、メイドインジャパンであります。

 後はレースリボンと、やや硬めの接着芯【布地状】、テンセルの布地2メートル、トートバッグの口を留めるのに使うかもしれない合皮の紐2本としょぼいお買い物でございました。

 残念ながら、今回は目を引くハギレは無し・・・というか、暑さのあまり、普段よりなおさら頭がボケボケになっていたようです。

 布の裁断が少々混んでいたので、番号札をもらって、運転してくれた友人の息子さんの友だちが開いたと言うお店にお邪魔しました。

 江ノ電側の鎌倉駅から、寿福寺方面に歩き、寿福寺よりはだいぶん手前の右手にあるippinという諸国お取り寄せ乾物店・・・という感じです。そこいらのスーパーだと扱っていないような特徴あるジャムとか、調味料などを置いていて、ほぼすべて、オーナー氏が味わっての仕入れだとか。国産品、輸入品といろいろありました。お値段は大手メーカーの普及品に比べて、やっぱりお高いですけれど、調味料とかジャムはどかどか使うものではないから、好きなものを買うってのはありかと思います。

 私は試飲させてもらって美味しかったのでゆず茶と、あと、八ヶ岳で農産物売り場で買った野菜のディップを食べよう!とゴママヨネーズを買いましたよ。(*^^*)

 友達の息子さんは長男の1学年下。ということは、オーナー氏も同い年な訳で、若さならではの、パワーだなぁと感心しました。

 まだ、開店から日が浅いですが、お近くに行かれたら、ぜひ寄ってみてくださいね〜。


 さ〜て、そこからがボケの始まりで、も一度スワニーに寄って、紐を買ったのに、布地を受け取るのを忘れてしまったアホです(最終的には取りに戻って貰いましたが)。

 移動途中で、もんざ丸というしらす屋さんで、釜揚げシラスを調達。猛暑なので、小さな蓄冷材をつけてくれて、これは料金に込みです。570円なり〜♪

 そして、ちょっと前にNHKの超常現象ファイルで放映した、お化けトンネルの界隈である、小坪漁港の定食屋さん「ゆうき食堂」で、アジサシ定食を食べて和んでおりました。お化けトンネルのあたりから、鎌倉ではなくて、逗子市になります。友人が以前から目をつけていて、一度行きたかったとの事です。

 お店の雰囲気は庶民のアジア!という感じで、壁にメニューが貼り付けてあり、厨房とレジが一体化している感じで、活気がありました。

image


 な、なんと、丸ごとトマトがど〜んと乗っていて、これが、また、暑い日のスポドリ感覚で美味しいのでした。アジはぷりぷりしてました。トマト、写真の右端で、切れちゃってます。(^^ゞ 温泉卵も付いています。 

 ご飯は働く男性用に大盛りですので、箸をつけるまえに、減らしてもらいました。

 とにかく回転の速い店なので、鮮度はいいです。ゆっくりくつろぎたい方には不向きですが、ぱっぱっ&ガッツリ、魚の定食をいただくのには向いているお店です。男性多数ご来店でした。

 本日は、鎌倉で観光ではなくて、買い物目的で、友人たちもそれぞれに用事があって、時間も限られていたので、行楽地的写真は無しです。

 なかなか楽しい日となり、落ち込み気味な気分がアップしました。


 夕食時、釜揚げシラスをごはんに乗せて食べたら、美味しかったぁ\(^o^)/

人気blogランキングへ