京都、大阪は首都圏から日帰り圏内。出張然り、ツアー然り、とは聞くものの、やっぱり二泊はしたいな、最低でも一泊は、とかねがね思っておりましたが、最近、親しい友人たちが弾丸正倉院展観覧とか弾丸京都観光に及ぶのを見て、とうとう本日初体験です!

 ここ何年か秋の京都の紅葉便りを聞くと、ムズムズするのですが、弾丸でも行ってみよう、いや、弾丸だから行こう!と思ったのは、以前、一度春に行き、アクセスの悪さに回りきれなかった西山のお寺さんです。

  とは言え、先ずは超有名スポットの東福寺からスタート。この東福寺が激混みになる前に、ということで、新幹線は6時半過ぎ。起床四時前、駅まで歩いて五時五分の電車で新横浜に向かい、大幅に時間を余らせるという、子どもの遠足状態でございました(^^ゞ。

image


 朝の澄んだ空気に富士山くっきり。幸先の良い車窓風景です(蛇足ながら、本日は仏滅)。
image


 東福寺、三度めにして紅葉ビンゴ! 前回は枯れ始め、前々回はまだ青葉多し。今日はとてもきれいな紅葉でした。

  九時台に到着で、混んではいても、立錐の余地もないというようなレベルではなくてまずまずです。

  続いて、西山に移動。まずはランチ。

image


  湯葉やがんもどきなど、大豆製品中心のお昼は、女性陣には概ね好評でしたが、相席のご主人様は物足りなさそうでした(笑)。

  紅葉参道が近年、とても有名な光明寺。ツアコンさんとナイス連携の観光バスのガイドさんによると、ラッキーに空いていたそうです。

  紅葉参道の色付き具合は、京都新聞の紅葉便りで、色付きはじめでしたが、緑と赤の色合いがとても美しく、微妙なカーブを描き、緩やかに上がっていく参道の穏やかな風情と共に、すこぶる素敵で、同行の友人共々、うっとりでした。

  これは、一見の価値ありだね〜とうなずくことしきり。

image


  本堂等参拝後、帰り道の境内では試飲やら試食やらてんこ盛り。にこやかで間合いの良いお姉さんたちの歓待に財布の紐も、私にしては緩みました。

  続いて、三鈷寺。本来の参道は物凄く険しいということで、特別に隣接する善峰寺を経由してお参りしました。

  こちらはこじんまりとしたお寺さんですが、眺望絶佳。ご住職様やそのご家族、二才のお孫さん(多分ね。お子さんの可能性が無いわけではありませんが)まで、皆さんで心和むおもてなし。お抹茶と紅葉色のお饅頭、おいしうございました。

  こういうお寺さんは、個人ではなかなか参拝し辛く、ツアーならではの良さを感じました。

image


  善峰寺の境内に戻り、自由散策。こちらは二年前、今日と同じ友人と二泊三日の中日に来たことがありますが、この時、大原野神社や西行が出家したお寺とこちらを回るのが精一杯で、光明寺には足が及ばなかったのです。

  前回は桜の開花にちょっと早くて、少しだけのお花見でしたが、紅葉は見事です。

image


  いくらでも眺めていたい錦の山でした。

  こじんまりした編成のグループで、皆さんマナーがよく、時間厳守、というか早め集合だったので、京都駅到着から、新幹線の時刻まで二時間以上の余裕があり、な、何と五時まで入店ならばランチサービスOKという伊勢丹内の太っ腹イタリアンレストランで、おいしい早め夕ご飯をゆっくり楽しめました。

image


 京都駅のクリスマスツリー、きれいでした。

image


 とっても濃いお抹茶みたいな1日でした。楽しかった〜♪ 眼福、眼福(@^▽^@)  

人気blogランキングへ