嬉しいことに、昨日までの天気予報が変わり、雨が降らないらしいので、今日は八ヶ岳のメーリングリストで教えていただいたお蕎麦屋さんに行く、すなわち、南アルプスの麓の武川、白州に行くことにしました。

 まず一番にお蕎麦屋さん。どうやらバブル期の開業では?と思わされるフレンドパークむかわ、というキャンプ場やバーベキュー場のある公園の駐車場近くにあるプレハブ風の簡素な建物で、店名は花房。扱うのが盛り蕎麦、おろしそば、おにぎり、天ぷら、ビールとノンアルコールビール風飲料とソフトクリーム、と迷わずに済むのが良いです。カウンター下のコロッケは正午前にして、すでに売り切れのようでした。

image
 私は朝食時間から四時間も経ってないので普通盛り。連れ合いは百円プラスの1.5倍盛りでした。

 天ぷらにはタラの芽、コゴミ(ゼンマイ)なども入っていて、サクサク揚げたてでした。蕎麦は硬めでしっかり。蕎麦湯はとろりん。観光地としては、素朴かつ良心的なお値段なり〜。

 その後、フレンドパーク内をちょっと歩きましたが、南アルプスが迫って美しい風景で、園内の藤は、標高の高い小淵沢辺りと違って、満開です。

image


image


 さて、次は私はずーっと行きたかった籔内正幸美術館へ。連れ合いはサントリー白州蒸留所へと別れました。

 籔内正幸さんと言えば、子どもたちが小さい頃、こどものともの絵本でお世話になりました。細密でイキイキしていて、画から生き物への愛が伝わって来る感じで、昆虫画を中心に活躍された熊田千佳慕さんと並んで、私の好きな画家です。





image


 この小さな看板を目印に左折すると、手前の大駐車場の奥にこじんまりとしたあたたかい雰囲気の美術館があります(大駐車場付きなのは市有地だかららしいです)。

image


 今回の展示は、籔内さんが亡くなられてから、生前ご縁の深かった人、交流のあったファンの人、仕事でお付き合いのあった人、会うことがなかった人などなどからの氏へのお便りと、鳥を中心とした動物の画を併せての「拝啓、籔内正幸様」です。

 細密な鳥の画の間にはちょっと絵本の挿し絵も混ざっていて、字の読めない子どもたちも飽きない工夫がされていました。

  個人的には雀の砂浴びが気に入りました。雀、いつの間にか数が減ってしまったと気になるニュースを聞いてから、もう何年か経ちますが、身近で愛らしく好きです。

  ゆっくり見て、絵はがきをちょっと買って(一生使い切れない位の絵はがきを、同じく絵はがき好きだった母の形見と合わせて持ってますが、動物好きだから、また買っちゃうのよね(^^ゞ)、徒歩10分程というサントリー白州蒸留所まで移動。八ヶ岳が我が家界わいから見るより遠くに、しかし、くっきりと前容が見えました。

image


  サントリー白州蒸留所は大賑わい。

image


  朝ドラ、マッサンの影響があるのかな〜?でも、ゴールデンウイークはいつもこんな調子だと思います。

image


 場内はツツジが花盛り。後ろに見えるのはウィスキー博物館。

 ちょうど連れ合いが案内付きの見学後のウィスキー試飲を終え、私の分の記念品も貰ってご機嫌で出て来る時間帯でした。

  しかし!

  本音を言うと消えモノの記念品が良いんですけどぉ(サントリーさん、ごめんなさい)。白州の文字入りの、ショップでは一個350円で販売しているロックグラスでございました。

  私はただ場内に入っただけで、欲深いことを思いつきました。

  早昼だったので、小腹が空いた。おまけに直射日光がきつく冷たいものが欲しいぞ!

  そこで、また籔内正幸美術館入り口の前を通り過ぎ、今度はシャトレーゼの工場見学に滑り込みセーフ!もちろん、連れ合いに飲酒運転はさせてはならぬ、ですごくひさびさに運転しました。私の自称地域限定免許の、限定地域内だもんね(笑)。

  こちらはサントリー白州蒸留所に比べて、家族連れの多いこと。皆さん、お目当ては氷菓の試食コーナーなんですな。見学コースの説明をすっ飛ばして進む方もいました。

  ここでは餡、アイスクリームや氷菓などを製造していて、ラインの動きが分かる三方がガラス張りのコーナーの真ん中に冷凍ケースがありました。

  連休最終日の夜勤シフト開始か、一部だけ稼働し始めていましたが、基本的にラインは止まっていました。

  冷え性だから、日ごろ氷菓はあまり食べないようにしていて、しかも、昨日、またしてもお腹が痛くなり、明らかに毎日食べ過ぎの胃もたれの私なのに・・・・・

image


 見苦しくてごめんなさい。ジャージー牛乳使用に惹かれ、まず一個めをパクッ。

image


 コンニャク入りらしい低カロリーのと、しっぽまであんこ(十勝の小豆使用に激しく惹かれる)で悩むものの、栗とサツマイモの低カロリーの方が珍しいので、選びました。

image


  中身はツートーン。

  あーあ、2個も食べちゃったぞ、と思った私ですが、予想通り、連れ合いは5個位食べたらしいです。たから、あんたはやせられない!  

 日が長いので、まだまだ遊べる気はしましたが、お腹もいっぱいになり、4時半前には帰宅。以後、昨日、一昨日と、金田一春彦記念図書館で借りた本を読んでおうち遊びにいそしんでます。
(^^)
 
人気blogランキングへ