いやはや参った!
  
  激混み情報を聞いて覚悟はしていましたが、これほどとは。

  上野の東京国立博物館で開催中の京都高山寺の至宝展めがけて外出しました。お目当ては、やっぱり鳥獣戯画。昨年秋の京都では前半を見たので、後半を見る!をもくろみました。

  特設サイトのTwitterを何日間か見て、午後3時近くなると館外の行列はパタリと止む傾向があると踏みましたが、気象情報の予報より雨脚が早く、傘で水増しを期待して、館外の行列の尻尾に並び始めたのが13:33。館側の予想の80分よりは早く14:30に館内に。

 エスカレーターで二階に上がり、待ち時間160分という看板の最後尾に並んだのが14:31。一番人気の鳥獣人物戯画の甲の展示コーナーの入り口に到達は15:02。

  
  さて、この先がものすごく長かったのです。

  館外の行列、館内に入る間際で、雨が降り始めても傘もささず、とろどころで笑いを取りつつも説明をしてくれる熱血お兄さんの覚悟を促すご説明もあったのですが・・・(しめは、散散並んだ挙句の果てに・・・だからと言って、我々を責めないでくださいよ、なのでした)。

  館内で何カ所もの九十九折りが出現し、やっとこさ展示ケースの前に到達してのが17:10。

  ところが、立ち止まらないでくださいと度々のかけ声で、おちおち観ていられません。手前に前期の巻物のプリントが同寸で並び、そのままうかうかしていると通り過ぎそうな本物がありますが、工場のベルトコンベヤーか、という速度でしか観られません。

 確かにボトルネック状態の展示コーナーで、ゆったりと見られてはたまらない!というのは分からないでもないのですが、私は京都国立博物館の昨秋の鳥獣人物戯画図展の初日を見ていますから、あまりの違いに驚きました。
 
 言っちゃあ何ですが、これではアイドルの握手会のために何時間も並んだ挙げ句に、小指の先に触れて貰って、はい、次の人!と言われてるようなものです。

  全く割に合わない。あんなに異様にスムースに展示物の前を通り過ぎ、目を留める時間も許されないならば、掛けた時間、途中で痛くなった足腰、何なんだ〜!と叫びたくなります。なるほど〜、熱血お兄さんの説明は、ああ言っとかないと大変だったんだと、渦中に足を運んで実感でした。当初は、がっかりされないようにわざとかなり大げさに説明しているのだろうと思ったのですが・・・決して、大げさじゃなかった。(^_^;)

  中には杖を付いているご高齢の方や、脚に障害をお持ちの方もいらして、私どころではない辛さだったのでは、と案じます。

  甲に力を入れすぎていて、丁や丙、乙の展示はスムースに動かなくてもほぼ放置ですから、もはや力尽きた状態で人垣の後ろからチラ見になりました。

  他の寺宝については、なおさら見る気力も失せた、文字通りのヘロヘロ状態になりました。

  東京という巨大人口圏ですから、混むのはある程度まで仕方ないとは思いますが、同行の友人曰わく、あおり過ぎ。

 テレビ、新聞などで取り上げまくるのに、キャパシティが足らないのだから、なるべくしてなった激混み?!

  今まで上野の美術館では一時間以上待つ、という経験は何度かしましたし、週末の奈良博の正倉院展でも、相当な混雑は経験しましたが、ここまで凄まじいのは初めてです。

  京博の時は、最後はかなりへたりつつも、平成館の展示も見る余裕があったのに、今回はミュージアムショップを冷やかすのがやっと。

  そもそも金曜日で延長しているとはいえ、見終えて6時では、例え体力が残っていても、他館を見る余裕は無いのでした。

  会期はいよいよ来週日曜日までですから、益々混むかと思います。

  多分、前代未聞か、それに近い行列を話の種にして楽しめる方ならばともかく、人並みかそれ以下の体力で、長時間の立ちっぱなしに近い遅々としか進まない行列と、あまりに割の合わない鑑賞時間に頭に来そうな方にはオススメ出来ない展示でした。

 私? もちろん、今回の出来事を大いに話のネタにするつもりですよ〜(半ばやけくそ(^^ゞ)。

 今回の教訓から、もしかしたら、これから何らかの改善策が出て来ることを期待しますが、おそらくは今回は間に合わないでしょう。

  今後、この手の超人気展示が、他の地域の博物館、美術館でほぼ同内容で行われるなら、心身の健康のためには、交通費、宿泊費かけてもそっちに行こう!と存分に思わせられたヒーヒーな日でした。


  と、悪いことばかり書きましたが、国際子ども図書館のカフェテリアでランチしたり、展示物の子どもの本を見たり、隣接の黒田清輝記念館を見たり、といずれも無料の展示を楽しめました。

image


(国際子ども図書館のカフェテリアのAランチ
食後に温かい紅茶またはコーヒー付き!)


  それに・・・・・ブータラ文句言ってますが、今回の展示、新聞屋さんにおねだりしてチケット、身銭を切ってません(^^ゞ。前売り券買った友人と同等に怒るのは図々しいかなぁ(^0^;)

image


※退出時間帯は館外の行列は終わっていました。でも、館内に入れば、やっぱり行列が待っています。また閉館時間の関係から、並べば甲は見せて貰えても、他の展示はスルーせざるを得なくなるようです。

人気blogランキングへ