昨年は千円という格安というか爆安なお値段で、横浜駅近くYCATから、名古屋駅徒歩圏のさしまライブまで移動したウィラーバスのシニア割。

  ご安心ください。多くのシニア割が還暦越えからですが、こちら55歳からです。

  さすがに千円では割が合わなかったのか、今年は二千円になりましたが、それでもまだまだ安いです。新幹線を使わずにJRを乗り継いだお正月の名古屋行きと比べて、お値段半額以下、時間は似たり寄ったり、乗り換え無しです。
 
  今回は最後部座席でリクライニングで後ろの人に気兼ねなしなのはラッキーでした。

 窓側で、大きな窓なので眺めも良いし・・・但し、東名高速の海側、夏の午後は日差しがきついんですね。エアコンがきいていても、カーテンを閉めないと暑くて、景色を楽しむどころではない箇所が多々でした。

  途中の休憩は足柄サービスエリアと浜松サービスエリアの二カ所も昨年と同じ。

  割と標高の高い足柄はそうでもなかったですが、浜松は暑いのなんのって。

   しかし、この浜松サービスエリアで、ちょっとなごみました。

   先日の中央道でも見かけましたが、最近はサービスエリアでも外国人観光客の方々をたくさん見かけます。

   彼らはサービスエリアに設置されている給茶機でマイボトルにお茶を入れるのですが、以前は直に飲み口をくっつけて注ぐ、それはないよ!な光景が多かったのですが、最近は備え付けのカップに入れて、直接注ぐのをやめているようで、それは良かったものの、時間が掛かってしまいます。

  七人位が並んでいて、うわっ、これは相当待つなぁと思ったら、リーダー格と思しき男性が、この人を先にしてやれと言ってるらしいのです。そして、片言でサキニドウゾとのお言葉。
  
   ありがたかったです。ありがとうございます、謝々とお礼を言いました。

  そもそも、その場で飲むのが前提の給茶機でマイボトルに詰め込みはどうなんだ!という論はあるかと思いますが、外出前には空のペットボトルに水道水を詰め込む私なので、彼らの気持ちはすごくわかります。

  多分、母国の水道水が不安定だから、宿泊施設での給水よりも給茶機ならば安心と思ってしまうんでしょうね。

  それにしても、何かと顰蹙を買うことの多かった外国人観光客の方々も、色々と情報収集して、気持ちよく旅行出来るよう、考えておられるのがわかり、嬉しかったです。


  あのねー、今はマナーの良さで高ポイントらしい日本人観光客だって、かつては寝間着でホテルの廊下に出る、大声で騒ぐ、店では品物をさわりまくる等々、絶不評でした。

  しかも、男性の海外旅行、とりわけアジア旅行と言えば、男性天国という名の下で恥ずべき買春旅行だった時代も、OLだった私は見ています。

  男性天国、女性は行くのがはばかられた韓国を女性天国に変えた韓流、えらいっ! 遅ればせながらヨン様、ご結婚おめでとうございました。


   って、脱線失礼しましたが、どこぞの国の観光客がどうのとか言う人は、かつての日本人観光客も相当だったことを思い出して欲しいです。

  私に言わせりゃ、多少マナーが悪かろうと、ファミリーで来日して、たくさんお買い物してくれる方々は、声を潜めてのやましい海外旅行や出張より、よほど上等だと思うんですけどね。

 
  大脱線しまくりましたが、そういうなごみの後、あつーい名古屋ささしまライブ着。ささしまライブは長距離バスの停留所になっているらしく、たくさんの人々の流れについて、あまりの暑さに脳内の方向センサーを停止したまま、ふらふらっと駅の反対側に流れつき、ホテルに到着、涼を取りました。はー。

 一休みして、どうしてもご飯たべたい!(昼はトップバリューのカロリーメイトもどきと水という得意のパターン)で、ホテルから一番近い地下街、ユニモールに出来た和食屋さんに並んで待って入りました。

image


  ホテル近くのコメダで夕飯って思ってたのに、ご飯たべたい!になる私でありました。  

  ユニモール、リニューアルしたらしく、昨年と大幅に変わっていて、新規開店のお店もあり、全体的に明るくなっておりました。(^-^)

人気blogランキングへ