連休ですが、まことに冴えないことに、家でテレビ三昧していました。

  ひとつには、毎度おなじみですが、ブルーレイディスクの容量減らし。こんなこと、不毛だよなと思うんですが、リアル視聴できない状態だけど見たいという番組があると、ついつい録画してしまいます。

 特に朝夕は家族の食事の支度があって、見られない率が高く、ついつ録画。チャンネル権がない週末や夜の番組も録画…と言う訳で見きれない程録画する奴が悪いんですが、いつの間にかディスク容量を圧迫してしまいます。
 
 録画機器なんてものがなかったら、リアル視聴が出来ない時は諦めるしかなかったのですが・・・。そういう人、私の周囲に多いです。

 なもので、視聴率というのも、録画までカバーしないと、絶対に実勢と見合っていないと思うんですよ。
  土曜日は、それでもまだ市民図書で本の入替をしたりしたから、少しは良かったのですが・・・。

  借りて来て、すぐ読めちゃったのは、こちらでした。




  昔から言われている事ですが、頭の悪い人は簡単なことも分かりづらく、難しく言い、頭の良い人は難しい事を分かりやすく簡単に言う、って事を池上さんの本を読むと実感します。

 もっとも、その時は感心しているのに、直ぐにするする〜っと抜けてしまうんですが・・・。そんな私ですから、すっきりして分かりやすい文章を書くのは得意とは言い難く、直ぐに冗長になるんですな〜。(^^ゞ

 昨日ともなると、もうテレビに向かいっぱなしで、目が痛くなる程。

 何と2014年放映のドラマ「ロング・グッドバイ」を今頃見た愚か者です。 NHKの土曜ドラマ枠って、丁寧に作られていて好きなんですが、このチャンドラーの「長いお別れ」を終戦後の日本に置き替えたドラマ、あまりに気障なもので(笑)、ついつい先延ばしにしてました。
 
 しかしセットと言い、映像といい、本当に映画みたいに丁寧でして、キャストも豪華。これ、視聴率は5%くらいだったらしいですが、恐らくは私みたいにリアル視聴しない人が多かったのではと思います。 

 そして、もったいないけど消しました。いざとなったらオンデマンド放送がある!(だろう)

 一方で朝ドラの「マッサン」の年末ダイジェスト放送はダビングしちゃいましたね。消しちゃうのとダビングするのの境目は、消しちゃうのはテーマが重たいなどで、多分、見返さないだろなぁという理由で。朝ドラは放映時間帯から、明るく前向きな物が多いのもありますが、マッサンについては、以前、余市のニッカウヰスキーの工場に行った時に、竹鶴さんとリタのストーリーにうるうるしちゃったのが大きいと思います。

  今日はまず朝っぱらから、昨晩放映の「ダウントンアビー4」の初回を見た後は、溜めこんだドキュメンタリーものをチェック。ファミリーヒストリーとバクモンでございましたね。こちらも見て削除しました。と言っても溜めこんだ量が半端ではないので、一部のみです。

 また、趣味DO楽の後番組の趣味どきっ!の世界遺産も見て、ダビングしたいという連れ合いのフォルダに移動です。

 という訳で、一昨日の市民図書、昨日、食料品の買い物に行った以外、至って地味な、ほぼ家の中にこもりきりの3日間でした。

 ダウントンアビーのドロドロぶりもさることながら、20世紀前半の貴族の屋敷のたたずまいや、素敵なファッションもとても楽しみであります。 ひとりひとりの人物の掘り下げも魅力的。

 さぁ、明日はいよいよ始動しますぞ!(と自分に言い聞かせないと動けないヤツ(^^ゞ)

人気blogランキングへ