目が覚めるとネットでSMAP解散か?のニュースで、驚天動地の芸能界バージョンでしたが、続報待つしかありませんね。

 昨日、ゴッドハンド先生に、暮れのコケによる痛みはおいおい良くなるからと言われ、すっかり安心したので、思い立ったら、いざ鎌倉!

 以前、都内に赴いてのアルバイトをしていた頃には、都心が遠い!同じ市内で実家からと1時間違う!とぶつくさ言ってましたが、その分、県内レジャーには強いかも?というメリットのある我が居住地。

  鎌倉に行く目的は墓参です。
 こども時代は、鎌倉の菩提寺の墓地は楽しいより辛気臭いところで、特に私にとっては初めてだった身近な人との別れで、祖父が亡くなった後は、優しかったおじいちゃまがここに入っちゃったという不気味さもありました。

 が、今や兄以外の年上の肉親は全員ここに入っちゃったとなると、懐かしさや慣れ親しんだホーム感すらあります。

  多分、私の性格では、鎌倉でなくとも、どこでだって、それなりに墓参を楽しむんだと思いますが、何てったって鎌倉!

  墓参ついでに観光気分やらで、おおいに楽しめます。

  本日の打順は駅近の市場で花を調達。鎌倉では、しばしばリキシャ引きのお兄さんから声かけられますが、花束二つは最強のお声掛からぬアイテムです。墓参するからね宣言してる人に観光のオススメしませんよね。

image


  菩提寺の門で今年お初の白梅がぽっちり。

image


  墓まで行くと、やっぱり! 誰かお参りに、それもごく最近来て下さったようでした。が、まだまだ十分きれいな花の中にぐいっと押し込みテンコ盛り。その一方で、お掃除はまだイマイチの腰をかばい、手抜きでごめんなさいです。

  なむなむとあれこれお話してから、境内散策。

image

 
 住職として入られた水戸のお姫様の姫御殿の跡はちょっとした竹林になってます。寂しかったでしょうね。

  
image


  本堂のぐるりに十二支の彫り物。おさるさんもいます。

image


  ↑ コウゾ。

 その後、鎌倉駅に出て、軽くランチ。場所にも寄りますが、ひとりでランチだと千円越えはもったいないし、ごっつり食べると夕飯の支度がしんどくなるので、680円なり〜の、茶寮いの上のいの上セットが定番です。江ノ電側のお店のかわいらしいちらし寿司の1080円と迷ったんですけどね。

image


 井上蒲鉾店の人気の梅花はんぺんも入ってます。シニアなマダムがいっぱい。私も溶け込んでおりました(笑)。多分、ガイドブックにはあまり載らない店ではと思うんですが、漏れ聞こえて来る会話によると、広義の地元度高かったです。

 ここまで来たら、スルーはあんまりだよね、と思って、久々に鶴岡八幡宮にお参りしておくかな。

image


  激混みはさすがに終わっていましたが、私の足元が危なく見えるのか、警備員さんに、写真撮るならこっち等とご指示いただきました。参拝するのに階段を上りますが、手すりがついてない状態でしたからね。

image


  大銀杏はこんなになってました。思えば、大銀杏の元気な姿を見て二日後に父が亡くなり、年明けに暴風で倒れてしまった、忘れがたい存在です。

image


  いよいよ月末で閉館の神奈川県立近代美術館、出来たらティールームも入ってみたかったのですが、観覧券ないと入れないと言う事で諦めました。

image


 段葛は依然として工事中。桜の木は既に植え替えられたようですが、今年の花見はどうでしょうか?

image


 まだ日が高いうちに帰路につき、夕飯の支度前にのんびり出来ました。