起床後、入り残しの別館3階の露天風呂制覇。洗い場は室内ながら、露天風呂との区切りが開放なので、そこそこ寒くはあり、目が覚めました。

  朝食もバイキング。昨晩と同じ席。人件費の徹底的カットが格安の秘密なんでしょうね。
image


 しらすごはんテンコ盛り!

 旅先では、朝はガッツリ食べる方です。

 チェックアウト時に確認してよかった、MOA美術館は休館日。そこで急遽、アカオハーブ&ローズガーデンに行ってみる事にしました。

  まずはホテルの送迎車で熱海駅に行き、ロッカーに不要なものを入れて、バスで熱海城へ。子供時代の第一次マイお城ブームの時に高みにそびえるのを見て興奮した熱海城ですが、復興天守閣でも復元天守閣でもなくて、観光用の天守閣だと知ったのは大人になってからでした。

image


 しかし、今の時代にこのような壮大な建物を建てる活力は失われて久しく、高度経済成長に差し掛かった往時の日本の勢いを感じさせてくれる文化遺産かと思います。と、外観を見て、遊歩道経由ハーブ&ローズガーデンへ。

  途中の橋から見える海の透明度は高く美しいものの、網を張られた処からスマホを取り落としそうで、ブルルで撮影出来ませんでした。後でハーブ&ローズガーデン方向から見たら絶壁の橋でした。

  冬季は料金を下げてくれているローズガーデンですが、これがなかなかの穴場で、最高地点の日本庭園までマイクロバスを出してくれます。そこから、下りますが、桜と海と石庭が絶景なり、と友人と二人で大喜び。

image


image

  ローズはほんの少しでしたが、パンジーやビオラなど植えられ、エリカも咲き、さすがに熱海は温暖で枯れ野にはなり得ないのでした。

image


  うまい具合にバス時刻間に合い、熱海の人気スポットの一つ、起雲閣に行こう!となりましたが、道を少々間違えたのがけがの功名。観光地価格ではないお手頃価格のランチをマックスバリューのテナントで。

image


 私はアジサシ定食、友人はアジフライ定食。友人いわく、今回の一番おいしい食事だそうで(笑)。

  それから起雲閣へ移動しました。ちなみに駅そばの観光事務所は工事中で向かいのビル内に移動していましたが、そこでもらえる市内名所や主要ホテルを網羅した地図がとても役立ちました。

  起雲閣、私は今回で多分、三度目くらいでしょうか。クラシック建築がすきなので、特に富豪の別荘として建てられた部分の趣は見応えがあります。旅館として使われ、廃業の後買い取られ、熱海市の施設ですが、館内写真取り放題も良いですね。

image


 暖炉横のステンドグラスが大変美しいです。

image


 浴槽がかなり狭く、今の水準では小浴場ですが、ローマ風風呂のステンドグラスも素敵です。

  庭は根津嘉一郎仕込み。

image


  一通り楽しんで、バスで熱海駅に戻り、ほかほかの湯気と手作り感に惹かれていわゆる温泉饅頭を自分土産に、楽しい旅はおしまい。

  今回の旅は、こだまかひかりの自由席で移動で、時間の制約がないのも嬉しいツアーでした。熱海人気はごもっともの温暖さ、そしてアクセスのよさ、加えてお手頃価格の宿でした。


  しかし、かつての豪華ホテルが次々、格安ホテルチェーン傘下に入っているのは、古きよき時代を知る人には寂しい事かもですね。リニューアルで星野リゾート傘下になるのと、格安ホテルチェーン傘下になるのの違いは、どこにあるんでしょうね。

  リゾナーレ小淵沢を見ている目で、今回のホテルを見ると、個人客をメイン客層に想定しているか、団体客をメイン客層に想定しているかでの造りの差なのかなぁ、なんて思いますが。