「帰ってきたヒトラー」の原作はちょうど2年前の6月に読みました(もちろん、翻訳もの)。なかなか刺激的な内容だったのに、結末をすっかり忘れているというのが情けないこと極まりないのですが、先週の地元紙の映画評の評価も良かったのと、何より、ヒトラーものと言えば、チャプリンの「独裁者」は別として、恐らく大概の作品で酸鼻を極める場面も見なくちゃいけないかも知れないのが嫌だったのが、これは基本がコメディーなので、見てみたいという気持ちになったのが大きいです。

 お金を貰っても、スプラッター系の画面を見なくちゃいけないのは嫌な方で、血を見る場面はせいぜいがミステリーの殺人事件現場(さっと終わる)とか、チャンバラ場面位しか我慢が出来ません(そういえば、今朝のあさイチが恐怖というテーマで、犬恐怖や高所恐怖の方の怖がり具合をチラ見しましたが、私の恐怖はスプラッターものかも知れません)。

 なので、突如蘇って21世紀のベルリンに現れた浦島太郎なヒトラーを、視聴率稼ぎに明け暮れるテレビ局の幹部と、いったんクビになったフリーのディレクターが担ぎ上げていく過程は、笑えるシーンとして、割と気楽に見られました。
 ところが、途中から笑ってはいられなくなるのです。

 そっくりさんのお笑いとして、あまりに真に迫った演説に笑いが湧きおこるくらいまでは良かったものの、現状のドイツの抱える課題を、高圧的、煽情的に語るヒトラーの口調にだんだん人々が引き付けられ始めます。

 ヒトラーの方は最初のうちこそ、浦島太郎、なんで総統である自分に対して敬礼をしない、顔を合わせると怯えるより笑うのか謎だったものの、次第に状況をつかみ、インターネットに驚きつつも、これを利用しない手はないと思い始めます。

 最初は視聴率のためにヒトラーのそっくりさんを利用しているつもりだったテレビマンたちーちなみにトップは横滑りでトップ就任の女性。我こそはと思っていたのに、トンビにあぶらげをさらわれて、何とか彼女の足を引っ張りたいが一心で、わざとヒトラーというドイツにとって危険な人物のそっくりさんを押したつもりの副局長ですが、思惑通りに行きません。

 ネタバレになるので、詳しいことは書けませんが、ごく一部の人だけが、そっくりさんは実は本物のヒトラーで、危険だと気付くのですが、周囲から受け入れては貰えません。

  移民問題や、極右の存在。公式サイトの解説によると、虚実入交て、実際に普通の人とのインタビューなども入れ、セミドキュメンタリー方式になっているそうですが、終盤に近付くにつれ、これは決して過去の出来事のパロディー、よその国の喜劇ではないと思えて来るのです。

 何だか今、日本は勿論、世界が向かおうとしている方向ってこっちでは?とうすら寒い気持ちになります。

 問題の根本解決は放り出して、あたかも決然と解決できるように聞こえる言葉の数々を放つと、それを信じ、時として快哉すら叫ぶ人々・・・ 気付くと、後もどりできない悲劇が待っている。

   母は子ども時代に訪日したヒトラーユーゲントの少年たちの凛々しさにかっこいいと思ったんだそうです。恐らく当時の多くの日本人が彼らを折り目正しく容姿端麗な少年たちとして、高級なアイドルとして歓迎したのでしょうね。 しかし、カッコいいと喜んでいられたのは僅かな間。今朝の朝ドラでも、日米開戦後、食べるものに事欠く状態になり、都市部は空襲警報が鳴り響き、中年から初老くらいまでの男性が赤紙1枚で戦場に送られというのを描いていました。祖母が言っていたように戦争は気付いたらどうにもならないところに行ってしまったんですね。

   問題山積み。それを力で解決しようとする、目先の利益を優先し、長期的視野を失っている、話し合いを厭い仮想敵を作って、憎しみのエネルギーをまき散らす・・・こんな時代だからこそ、見ておきたい映画かと思います。

人気blogランキングへ