今までは八ヶ岳に来ても時間に制約ありで、ごくごく限られた友人とだけ会っていました。

  今回、滞在が長めで、先日会った友人と別の友人とも会おうと話していたら、思いがけず極少クラス会になりました。

  中には二十歳の頃のクラス会が最後というクラスメイトもいました。
 今回、元々は中期滞在なら必ず会う友人が、お子さんつながりでかつての同級生に声をかけてくれたのですが、そのうちのひとりの携帯電話を教えて貰ったので、ショートメールで連絡、メールアドレスを知らせ合ったところ、店探しを引き受けてくれました。

  彼女がバリバリ動いてくれて、その昔、テレビ東京の人生の楽園でも紹介された事のあるベーカリーの建物を引き継いだ方のレストラン予約をしてくれました。

  ドキドキ💓

 
image


  これ、メインのお魚料理です。前菜もガスパチョもがっついたので、撮り忘れ。ほぼ全員運転でアルコール抜き。

  よく言いますが、同級生は何十年経っても時の隔たりを一足飛びに乗り越えますね。

   それぞれ、年は取っても、昔の面影は十分にあり、様様な人生を生きた分、何とも形容できないけれど、何かがありました。

   一番楽しい番狂わせは、幹事を買って出てくれた友人。

   高校時代は華奢でシャイなかわいい少女だったのが、かわいらしい顔立ちはそのままに、明るいひまわりみたいな肝っ玉母ちゃんになっていました。

   ミーハー説明すると、朝ドラで恒子たちの協力者としてたびたび登場するポンポン言うけど気のいい康恵さんを演じている佐藤仁美さんが、かつての朝ドラで竹内結子さん演じるヒロインのいとこのまいちゃんを演じていたのを思い出す、そんな感じなんです(笑)。まいちゃんは友人と違い屈折してる役柄でしたけど。

image


  同級生婚が彼女ともうひとり、超ご無沙汰のクラスメイトで、二人ともいろいろあっても幸せそうで、嬉しかったです。お孫さんがいるのは六人中二人。未婚のこどもオンリーは私も含め三人。海外留学中の息子さんがいたり、南米バックパッカーをする娘さんがいたり、私たちのこどもは親世代より大胆素敵なようです(≧∇≦)

 家人を見ていても思いますが、還暦、自身や連れ合いの定年退職などなど、人生の節目を迎えると、クラス会って盛んになるようですね。

  遠くない日の再会が楽しみです。