悪い意味で一世を風靡した悪徳商法、豊田商事は、日本有数の大企業を思わせる名称と、孤独な高齢者の寂しさを突いた悪徳商法史に残る詐欺でした。

  亡母はあの事件が世間を賑わす以前から、豊田商事トップの刺殺以降まで、公的機関で消費生活相談員をしていました。
  
  その時に聞いた話(もちろん、家族相手とは言え、個人のプライバシーがわかるような詳細ではありませんでしたが)が、悪徳商法に引っ掛からない事を含み、節約に繋がるノウハウを皆様と共有したいという動機のひとつになりましたが、それとは別に印象に残った事があります。

  相談員をしていた頃の母の年齢になり、とても腑に落ちました。若い時代にはそこまでわからなかった事です。
 それは、悪徳商法や、そこから資金調達のためのヤミ金などの多重債務に追われてしまうような人の影にはモラハラ、パワハラ人間が隠れている事も多いという事。

  母がよく語っていたのは、早く相談すればよかったのに、家族に隠してしまったから(とは言え、かなりひどい状態になってからでも相談したのですから、まだよかったので、声を上げられないで不幸な事になられた方も多いのではと思います)こんなになった、という事でした。

  聞いた当時は独身だった私。基本的に困った事があれば家族に(大概は母に、でしたが)相談していたので、母から「相談すると怒られるから、つい隠してしまったらしい」と聞かされると、そんな事気にせずに相談したらよかったのにと思ったものでした。

  ところが、結婚して、専業主夫となり、一見世間が狭くなったように思われますが、世の中には色々な人がいると知ってわかった事があります。

  それは、世の中には人の落ち度に対して、非寛容というか、人格否定するレベル、すなわち今の言葉でいえば、モラハラパワハラレベルで罵る輩がいると言う事でした。

 ちょっとしたミスでも、心が折れてしまう程の罵りを一度でも経験してしまった人が、もっと大きな失敗で、さらなる罵りを受ける事を回避したくなるのは、ある種の自衛本能ではないかと思われます。

  仕事でモラハラやパワハラで悩んで悲惨な選択をされる方もおられる位ですから、年中顔を合わせる家族から、そのようなレベルで罵られるのなら、当然ながら何か失態があれば隠そうとしか思えないでしょう。

  相談して、叱られたにしても一緒に解決方法を考えてくれる家族ならば、恐らく話がこじれ、被害が広がる前に何とか手を打てたはず。

  そして、もうひとつ、統計を示してくれたわけでは無いので断定は出来ませんが、悪徳商法にはまる職種として、どうも看護師(その頃は看護婦でした)、警察官、教師が多いという事でした。

  しっかりの代表的な職業だけど、ストレスが多い職業だから、売り込む時には、心とろける程の対応をする悪徳商法にはまるんでしょうね、というのが母の見方でしたが、今の私には、もうひとつ別の見方も加わりました。

  それは、こういう指導的な職業に従事していると、日頃は叱られるより叱る立場になる事が多い分、そんな自分のミスを人には知られたくないという過度の自負心を抱いてしまい、周囲の目も気になり、誰にも相談出来なくなる傾向が強いのではないかと言う事です。

  後者はモラハラ、パワハラとは直接関係はなさそうですが、自分の中に弱い自分、失敗する自分もいる事を認められないという点では、自家発酵型のパワハラ的な面があるのかも知れない、と想像させていただきます(外から見て真面目過ぎるという方が時として陥るようですね)。

  
  ちなみに他人に対してモラハラ、パワハラしちゃう人間って、だいたい自分には恐ろしく甘いですね。

  恐らく本来は小心者で、打たれ弱いはずです。自分に余裕が無いのを、そして、敢えて言わせていただくと、自分の能力を高めに見積もりながら、深層心理ではそうではないと知っているが故の他人おとしめバッシングが、人格否定にまで至るような過度の言動に出るのでしょう。

  会社組織などピラミッド型の力関係があると厳しい面もあります。また、家庭内でモラハラパワハラがある時には、残念ながら家庭内ピラミッドが構築されてしまっている証であります。

  今、悩まされている人は、出来る事なら、心が折れないうちにモラハラ−、パワハラ−とさよならしましょう。

  それが出来ない場合、 実は窮鼠猫を噛む!や逆襲に弱いのも、多くのモラハラパワハラ実践者の特徴でありますので、 弱みを握り、証拠のメモなり何なりを用意し、起死回生の一発逆転を狙う・・・実行するかはともかく、その気持ちがあるだけで、少しでも楽になれるかと思います。


  どうも最近の日本は、直接的なパワハラモラハラに加え、匿名だからいいやで、ネット上や、ある特性を持つ人々達に向けての、相手も集団だからいいだろう的なパワハラやモラハラが増えていますね。

  個人的なパワハラモラハラでは、悪徳商法やヤミ金はまり等、家庭経済に対する深刻な悪影響に結び付くリスクが高まりますが、何かあれば直ぐヒステリックなバッシングをする広域&広義のモラハラパワハラにより、言わなきゃいけない事が言えなくなったり、話し合いをすっ飛ばしたりするようになると、庶民の生活には甚大な悪影響が出る事が必定だと思います。

  何でもいちゃもん、過度にバッシング、自分で自分の首を絞めたい人たちの巻き添えになりたくありません!