今年も初夏は長続きせず、梅雨入り間近かしら?と思う雨降りになりました。昨今、本当に初夏が短くなりました。

 さて、昨晩は(も)テレビっ子で、「日本人のお名前」と「所さん、大変ですよ」をリアルタイム視聴しました。

 結婚前も結婚後も日本人のお名前で言及してもらえなさそうな苗字なので(どちらに転んでも実在の地名です)、単純に日本一人数が多いという佐藤サマストーリーを楽しみました。

 そして、そのあとは所さんで軽トラ。以前、軽トラが海外で大人気という話題を放映しましたが、今回は軽トラに荷物として部屋を積んでしまうという特集でした。
 軽トラに部屋状態のものを乗せるのは、道交法違反ではないそうです。

 いわゆるキャンピングカーとして退職後、夫婦で旅行を楽しむ方から、書斎アトリエ代わりの方、実際に住居とされている方など、何組かご登場でした。

 軽トラハウスを住まいに、貯金取り崩しながら暮らす方達は、それぞれ思うところがあっての現代の方丈記なんですが、住民票どうなってんの?なんて野暮な事は割愛されていました(違法性のある事は奨められない皆さまのNHKですから、おそらくチェック済みとは思いますが)。

  それぞれの方達の意識や意義は違いますが、軽トラの荷台に乗る部屋というコンパクトさは共通です。

   ミニシンクや寝床を備えていて、食事や書き物などもできる部屋は、まさにコックピット!

   特にそこにお住まいの方達は持ち物が最小限だと思いますが、周囲の手の届く所に暮らしに必要なものが揃っているわけです。

   何かいいなぁ〜。


   と、見終えて、自分のアジトにしている元長男部屋に入りまして、はっと思いましたね。

  ここもコックピットだと思えばいいのだ!



  元々狙ってるセンはビジネスホテルだったんですけどね💦

  ビジネスホテルのようにスッキリした部屋が憧れなのですが、まぁ、紙だらけ。いつも言ってるように弊の付いた紙ならいいのですが、クレジットカードの明細から、照合のためのレシート、思い出はんすう用並びにこれから行きたい用の旅行のパンフレット、思い出はんすう用並びにこれから見たいよ用の映画のチラシ、ほぼ見て楽しむだけのカタログに生協のチラシ、IT関係の取説とトラブル書留ノート、もちろん、読了した本、積ん読本、フィギュアスケート関係等など。

  家計管理や日記書いたりするし、新聞切り抜いたり手紙開封するので、文房具もいます。充電器と電池もいるなぁ💦

  最近は手ぬい道具もしばしば持ち込むし、壁に出来上がった袋物がぶら下がり待機しています。汗ばむ季節以外には一度着ただけでは洗わないジャケットやちょいよそ行きが壁にかかり、まぁ、生活感の塊ではないか!

  
  しかし、最近でこそナイナイ騒動が相当に発生するものの、今まで比較的捜し物は少ない方だったかと思います。

  
   片付いている事の大切さの一つに、捜し物の時間を食わない、そして、探してもないからと幾つも同じものを買ってしまうがない!とよく言われていますね。

  それを考えたら、いいんかなぁ。コックピット部屋に近いもんね〜。


  とは言え、やはり、もう少しスッキリしたいです。

  積み重ねた書類の中にあれこれ紛れ込んだり、見た目の悪さでテンション下がったりしてますのでf^_^;