今は普通に使われている総括という言葉を聞いて、ふと連合赤軍のリンチを思い出してしまう世代です💦   

  ですが、これは普通の総括です。  

  二日土曜に自宅に戻りました。  

  土曜のいわば逆方向の移動でしたので、反対方向への車線でしばしば渋滞が発生したいるの横目で、楽々でした。
  
 八ヶ岳滞在中、昨年もほとんど遠出しませんでしたが、今年は上前を行きました。よって、行く前にガソリン給油、帰りまで充分持ちました。

  今年の八ヶ岳でのテーマは私にとっては「集う」でした。

  ミニ女子会二回、同窓会。

  友人が泊まりに来たのが二組。

  兄宅のカレーパーリー、夫のいとことランチ。

  天気に恵まれない日が多く、遠出の意欲が折れたのも大きいですが、図書館で借りた本どっさりこを楽しめました。

  手ぬい一式は全く活用無し💦

  携帯電話は格安SIMのデータ容量をアップしましたが、ぎりぎりセーフで、最後はフリータンクからお借りしたのみならず、ガラケーもかなりオーバーしました。

  パソコンがキーボード入力出来なくなり、ポチポチとマウスで打ち込むスクリーンキーボードではあまりに効率が悪く、メール返信はガラケーからにしたのが大きいです。加入しているメーリングリストはHuaweiのスマホから投稿すると、ガラケーの方には読めないんですよね。もちろん、自分のガラケーでも読めません。

  スマホは自宅で暇つぶしにやっていたポイントサイトのゲームもよろしくなかったかも😅 貰えるポイントとデータ料金、比べてみたら、明らかに割が合わないのにね。


  そして、帰宅したら待っていたのは、時計表示だけがご生存のブルーレイのダウン。電源入りません(/_;)

  にっちもさっちも行かないので、録画再生はもちろん、ダビングしていなかった番組はもう見られないです。

  宝物を積み込んだ船がマリアナ海溝で沈没しちゃったよぉ!

  とは思うものの、どっかで、ダビングに追われなくなってホッとしている部分もあります。

  特にフィギュアスケート、録画しすぎて見きれないのよね。そして、あのドラマもこのドラマも、録画して見ないでいたのは、つまり、見ないで支障がないから。

  あきらめるとは明らかにきわめること、という語を時々目にしますが、見られない、そもそも録画出来ないは、明らかにきわめざるを得ません。ジタバタしても仕方ないのは、別の見方をすれば気楽です。

  それにしても、家電は立て続けに壊れるは良く聞く話ですが、この夏休みに思ったのは「IT機器はお留守番が嫌い、ほったらかしでへそを曲げて壊れてくれる淋しがり」らしい事でした。

  パソコンは有料の販売店延長保証で賄える範囲なら修理。ブルーレイは実はかねてより不調(だからのあきらめもあります。新品かそれに近いなら、ジタバタします!)で代替は購入済み。私は配線モノに弱いので家人頼み。しかし、家人は何事にも腰が重くて放置中なので、めでたく配線済んだあとは、また元の木阿弥の可能性も??

  この夏に得た教訓として、出来るだけリアルタイム視聴で、録画頼りはやめたいところですね。

  と、書いておくと、すこしは軌道修正出来るかもです。(^-^;